日本装置開発株式会社 ロゴ

日本装置開発株式会社

      日本装置開発株式会社 企業イメージ

      日本装置開発株式会社 企業イメージ

      S(安全)P(性能)E(耐久性)C(価格)を追求し創り続ける

      1996年長野県安曇野市で操業を開始しました。
      FA装置の設計・製作から始まり、翌97年からは「X線検査装置」を手掛けはじめOEM供給も開始しました。
      2013年にはベーシックタイプの「高速X線CTスキャナCT110FPD」を開発し、2015年にはより現場に即した高機能タイプの「高速X線CTスキャナCT150/160FPD」を開発し市場へ投入しました。
      「高速X線CTスキャナCT150/160FPD」は大手自動車部品メーカにおいて、初の試みとして製造ラインでの鋳巣全数検査に採用されております。

      事業内容

      ◆X線CTスキャナの製造・販売
      ◆OEM商品の設計・製作
       X線検査装置、X線検査装置用シールドボックス
      ◆自動化、省力化設備の設計・製作
       検査機、組立機、加工機 など

      詳細情報

      製品・サービス(3件)一覧

      カタログ(2件)一覧

      日本装置開発へのお問い合わせ

      お問い合わせ内容をご記入ください。

      至急度必須
      添付資料
      お問い合わせ内容 必須

      あと文字入力できます。

      【ご利用上の注意】
      お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

      はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

      イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

      ※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

      日本装置開発株式会社