日本レクセル株式会社の会社ロゴ画像です

最終更新日:2016-04-18 10:10:06.0

日本レクセル株式会社

業種:電子部品・半導体  所在地:大阪府 松原市 岡6-2-1-302

日本レクセル株式会社 日本 5800014 大阪府 松原市 岡6-2-1-302 072-335-6070
  • お客様のご希望に添う電池をご提案致します! ~OEM・ODM大歓迎~
    【企業紹介】
    弊社は、中国シンセンにあります2次電池製造メーカーLEXEL BATTERYの
    日本支社となっております。
    中でも自己放電の少ないニッケル水素電池の分野では、他社でも追随できない性能を
    発揮し世界市場で販売致しております。

    【輸入・販売】
    産業用/民生用/コンシューマ用等の、単セル電池及び組電池の販売
    (ニッカド電池・ニッケル水素電池・リチウムイオン電池)

    【安全への取り組み】
    弊社では、国際電気標準会議(IEC)、日本工業規格(JIS)に則った
    充放電試験機・電圧内部抵抗測定器を導入しております。
    恒温槽を使った環境温度試験や、安全規格(UL)の各種試験など、
    検査や性能を測定する設備が整っている事により、世界でも日本でも
    安心してお使いできる品質・サービスをご提供させ頂きます。
    • この企業 を
    • Twitterボタン
  • 本社の中国深センにありますLEXEL BATTERYの社屋写真です。
    本社の中国深センにありますLEXEL BATTERYの社屋写真です。

取扱製品・サービス日本レクセル株式会社

取扱製品・サービス一覧

取扱製品・サービスは6件あります。

関連カタログ日本レクセル株式会社

カタログ一覧

関連カタログは7件あります。

企業情報日本レクセル株式会社

会社名 日本レクセル株式会社
設立 2005年7月1日
資本金 1000万円
従業員数 8名
所在地 〒580-0014
大阪府 松原市 岡6-2-1-302
TEL:072-335-6070  FAX:-
  • ※ お電話でのお問い合わせの際は、「イプロスを見て連絡しました」とお伝えいただくとお話がスムーズに進みます。

事業内容

ニッケル水素電池・ニッケルカドミウム電池・リチウムイオン電池など、
様々な2次電池(充電式電池)を販売させて頂いております。
組電池から単セルまで多種多様な電池をそろえております。

お客様のご要望をお聞きし、使用用途に合わせたぴったりの電池・組電池を選定致します。
電池でお困りでしたら是非お気軽にお問い合わせ下さい!

主要取引先

  • 【納入先】
  • 伊藤超短波株式会社
  • 株式会社栄光社
  • 株式会社OKIテクノパワーシステムズ
  • オムロンヘルスケア株式会社
  • 株式会社工進
  • 株式会社コムテック
  • サラヤ株式会社
  • シチズンTIC株式会社
  • 株式会社新盛インダストリーズ
  • 東芝エレベータ株式会社
  • 東芝産業機器システム株式会社
  • 東芝ホームテクノ株式会社
  • 東芝ライフスタイル株式会社
  • 日本遠隔制御株式会社
  • 株式会社日立ソリューションズ
  • 富士通テン株式会社
  • フジテック株式会社
  • 株式会社ユピテル
  • ※五十音順、敬称略
  • 【代理店】
  • 株式会社カナデン
  • 兼松株式会社
  • 株式会社シミズシンテック
  • 株式会社立花デバイスコンポーネント
  • 株式会社光アルファクス
  • 丸紅テクノシステム株式会社
  • 緑屋電気株式会社
  • 八洲電機株式会社
  • NNP株式会社
  • ※五十音順、敬称略

日本レクセルへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

日本レクセル株式会社

日本レクセル が登録されているカテゴリ

開く


  • 断水不要!ネジを締めるだけで配管の水漏れが直る!児玉工業の圧着ソケット
  • スペーサー・ピンヘッダーなど機構部品全60,000アイテム 総合カタログ最新版進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー