カル・ガヴィン日本連絡事務所の会社ロゴ画像です

最終更新日:2012/07/11

カル・ガヴィン日本連絡事務所

業種:鉄/非鉄金属  所在地:東京都 文京区 湯島2-31-15 和光湯島ビル7F

カル・ガヴィン日本連絡事務所 日本 1130034 東京都 文京区 湯島2-31-15 和光湯島ビル7F 03-6826-8106
  • 持続可能な発展のために、hiTRANで炭酸ガス25%削減と省エネにご一緒に挑戦しましょう。
    カル・ガヴィン社は熱交換器の伝熱促進技術(hiTRAN)を開発し、30年の開発と実績を誇っています。欧米、中東では多くの実績を持っていますが、アジア地区では遅れており、1昨年日本事務所を開設しました。この技術は特に層流から乱流になる遷移領域で効果を発揮し、ヒーター、冷却器、凝縮機、気化器、リボイラー、、反応器機、エコノマイザー、チラー、中間冷却器、アフタークーラー、酸化器など管式の熱交換器に適用が可能です。これら多種の機能に適応させるため、欧米の大学と共同研究を今も実施しています。
    hiTRAN技術の有効性を確認するために、熱交換器のためのシュミレーションプログラムHTRIに2010年6月から組み込まれることになっています。したがってHTRIのユーザーは自らその有効性を確認することが出来ます。もちろん我々がコンサルティングして、既設あるいは新設熱交換器のベストソリューションを提供しています。熱交換器の胴側の伝熱促進技術を持つEMバッフル社(オランダ:EMbaffle B.V.)とも技術協力関係にあり、胴側に課題のある場合にもトータルのベストソリューションを提供することが可能です。
    • この企業 を
    • Twitterボタン
  • カル・ガヴィン日本連絡事務所の会社イメージ画像です
    カル・ガヴィン日本連絡事務所の会社イメージ画像です

企業情報カル・ガヴィン日本連絡事務所

会社名 カル・ガヴィン日本連絡事務所
所在地 〒113-0034
東京都 文京区 湯島2-31-15 和光湯島ビル7F
TEL:03-6826-8106  FAX:-
  • ※ お電話でのお問い合わせの際は、「イプロスを見て連絡しました」とお伝えいただくとお話がスムーズに進みます。

カル・ガヴィン日本連絡事務所の社屋画像です

  • カル・ガヴィン日本連絡事務所の社屋画像です

事業内容

多管式熱交換器の管側に特殊な伝熱促進素子(hiTRAN)を装着することにより伝熱効率を向上させる技術を開発し、熱効率を増大させるエレメントの販売と設計を行っている英国の会社です。新規あるいは既設の熱交換器の効率が2倍〜10倍に向上します。また石油精製工場などプラントで問題となっている”汚れ”の防止にも効果があり、運転時間の延長や保全サイクルの延長による大幅なコストダウンの実績を持っています。熱交換器の計画設計段階では伝熱効率の向上により、小型化することが可能です。

主要取引先

  • 化学メーカー
  • 鉄鋼メーカー
  • エンジニアリング会社など

カル・ガヴィン日本連絡事務所へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

カル・ガヴィン日本連絡事務所

カル・ガヴィン日本連絡事務所 が登録されているカテゴリ

開く


  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場
  • 金属ワッシャー大増量!総合カタログ最新版 進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー