テクノコート株式会社の会社ロゴ画像です

最終更新日:2017-09-19 18:45:34.0

テクノコート株式会社

業種:試験・分析・測定  所在地:静岡県 藤枝市 仮宿1458-3

テクノコート株式会社 日本 4260001 静岡県 藤枝市 仮宿1458-3 054-646-1721
  • 【金型へのコーティングによる予防保全および肉盛補修】
    我が国は資源が乏しい割りに、今まで海外からそれを輸入して浪費してきたところが多々あります。 しかし、これからは資源の枯渇と環境保全の面からもそのようなことは許されません。 我が国は他の国に率先して資源の再利用を行い、有限な資源と美しい環境を次の世代に残していく努力をしなくてはなりません。 当社はこのことを会社の理念に掲げ、先ず機械部品に高機能材料をコーティングすることによってそれらの表面を改質し長寿命化を図ります。 次にそれらに摩耗、カジリ、腐食、キズ等の不具合が生じた場合は応力および材質の変化を伴わない低熱入力肉盛により再生補修することによって資源を有効活用し、その結果環境を保全いたします。 また設備を保有する企業にとっては、部品交換のための予備品の在庫およびダウンタイムを減らし、コストの低減と生産性の工場が達成できます。 
  • 金型の予防保全・肉盛補修
    金型の予防保全・肉盛補修

テクノコート株式会社のおすすめ情報

おすすめ情報

ファイバーレーザー溶接機 「スマートレーザー」
YAGレーザー溶接機お使いの方必見!メンテナンスフリーの新型ファイバーレーザー溶接機【特許・商標登録済】
新製品の「スマートレーザー」は、高い汎用性と拡張性を持つ次世代ファイバーレーザー溶接機。各種周辺機器との組み合わせで、用途に合わせた様々なカスタマイズが可能です。 ★☆ 新開発 スマートゴーグル…

おすすめ情報

放電被覆・肉盛装置『デポシリーズ』※金型補修の必需品
“金型へのコーティングによる予防保全・肉盛補修” どなたでも簡単に高品質なコーティング・肉盛が可能
「デポシリーズ」は、放電加工の原理を応用した当社オリジナルの特許製品。金型補修、機械部品・設備部品の補修およびそれらの長寿命化が可能な表面処理(コーティング)の両方に利用可能です。ワークに歪み、ヒケな…

取扱製品・サービステクノコート株式会社

取扱製品・サービス一覧

取扱製品・サービスは12件あります。

関連カタログテクノコート株式会社

カタログ一覧

関連カタログは8件あります。

ニュース&トピックステクノコート株式会社

ニュース&トピックス一覧

ニュース&トピックスは4件あります。

企業情報テクノコート株式会社

会社名 テクノコート株式会社
設立 1990年5月10日
資本金 5000万円
従業員数 22名
所在地 〒426-0001
静岡県 藤枝市 仮宿1458-3
TEL:054-646-1721  FAX:054-646-1720

テクノコート株式会社 本社

  • テクノコート株式会社 本社

事業内容

当社は金型・機械部品の長寿命化と補修に関する新たな技術、装置を開発、製造販売いたしております。

主要取引先

  • アイシン精機株式会社
  • アイリスオーヤマ株式会社
  • 株式会社アーレスティ
  • 株式会社 INAX
  • ジャトコ株式会社
  • スズキ株式会社
  • 株式会社東海理化
  • トヨタ自動車株式会社
  • 日産自動車株式会社
  • 本田技研工業株式会社
  • リョービ株式会社
  • 矢崎部品株式会社
  • ヤマハ発動機株式会社
  • NASA(アメリカ航空宇宙局)

テクノコートへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

テクノコート株式会社

テクノコート が登録されているカテゴリ

開く


  • 27℃/70%→23℃/28℃一気に除湿 省エネ精密空調機 PAP Dシリーズ
  • 全80,000アイテム収録!金属リベット、インサートカラーなどの新商品も掲載 総合カタログ最新版進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー