特集メインビジュアル

掲載開始:2018-06-04 00:00:00.0

ASTMなど国際規格に沿った測定が行える。PC一体型で、エラーなく結果を取得可能

『ブリネル硬さ試験機』 ※無料デモテスト受付中

株式会社イノバテスト・ジャパン

当社では、ASTM・ISO・JISの規格に準拠した
測定が行える『ブリネル硬さ試験機』を取り扱っています。

試験機本体とパソコンを一体化した設計により
エラーなく、スムーズに計測結果を取得可能。

高解像度CCDカメラ搭載のモデル、負荷範囲10~3000kgfのモデルなど
対象物に合わせて選べる製品をラインアップしています。

【特長】
■ASTM・ISO・JIS規格に対応
■材料にくぼみを形成し、くぼみの直径を測定
■表面が粗い材料、構造が不均一な材料の硬さ試験に活躍
■NEXUS・NEMESISシリーズはR&D施設の保証された製品

★現在、無料デモテストを受付中!
 ご希望の方は【お問い合わせフォーム】よりお申し込みください。

PDFダウンロード お問い合わせ

高精度な「残留応力測定」を実現する"2ディテクター方式"とは?その仕組を紹介!ポイント資料2冊を無料プレゼント

エンジニア必携!「残留応力測定のポイント資料2冊」無料プレゼント

プロトマニュファクチュアリング株式会社

部品の残留応力測定は、その強度を確認する上でとても重要な作業となります。
また、応力測定には様々な方法がありますが、
「X線検査」は部品の内外部を非破壊・短時間でしっかり調べられるので、有効な方法とされています。
しかし、「X線検査」であれば必ず完全な検査が出来るわけではないことをご存知ですか?

プロトマニュファクチュアリング株式会社では、X線検査の「2ディテクター方式」という方法を採用しており、
一般的な「1ディテクター方式」では見落とす可能性がある「せん断応力の有無」を、短時間でしっかり解析可能です。

この度弊社では、応力測定の基本的なポイント及び、X線により検査方法の解説、
高品質部品の製造に欠かせない「2ディテクター方式」での応力測定の仕組について、
分かりやすく解説した"冊子2冊"を無料でプレゼントします。

【冊子の中身を一部だけご紹介】
・残留応力とは?(定義・残留応力の種類等)
・X線回折残留応力測定とは?(なぜX線回折が有効なのか?)
・2ディテクター方式による X 線残留応力測定

※詳細ご希望の方は、下記「ダウンロード」よりお気軽にご覧ください。

PDFダウンロード お問い合わせ

気になるジャンルのカタログを無料でまとめてダウンロード!カタログパック

  • 非破壊検査装置
  • 異物検査装置
  • X線・非破壊検査サービス
  • 超音波検査装置
  • 校正・自主検査機器
  • 基板検査装置

公開中の特集

最新の特集情報をメールマガジンでお知らせしています。

次回更新は 2018-06-28 00:00:00.0です。

  • サンプル見る

特集検索

キーワード

  • モーター&周辺機器20万点 オリエンタルモーター公式通販サイト
  • 27℃/70%→23℃/28℃一気に除湿 省エネ精密空調機 PAP Dシリーズ

最近チェックした情報

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー