特集メインビジュアル

掲載開始:2021年07月19日

  • 外観検査システム

    布、包装材など不定形品の検査に。製品画像からAIが判定基準を生成し、自動で分類

    コムシス情報システム株式会社

    検査品質の向上や省人化で注目される目視検査の自動化。しかし、検査対象によっては判定基準のパターン化が難しく、検査機やカメラのコストが嵩んでしまう場合もあります。

    コムシス情報システムの外観検査システム『AIJO Check AItem』は、撮影画像をもとにAIが判定基準を作成。不定形な製品でも高精度に判定できます。不良原因の振り分けや判定基準の変更が柔軟に行える点も特長です。

  • 外観検査装置

    多軸制御で広範囲の検査に対応。1台で多品種に対応できる外観検査装置。動画公開

    株式会社ティーアイジー

    外観検査が必要な品目が多岐にわたる場合、検査装置には高い汎用性がほしいところ。これに加え、価格や操作性など様々な要素を考慮したときのバランスの良さも重要になります。

    ティーアイジーの『M-CIS』は、汎用性と低コストを追求した外観検査装置です。200万画素カメラ5軸、マルチカラー照明1軸の制御により、広範囲での高精度検査を実現。品種替えは治具交換とタッチパネル操作で簡単に行えます。

気になるジャンルのカタログを無料でまとめてダウンロード!カタログパック

  • X線・非破壊検査サービス
  • 超音波検査装置
  • 非破壊検査装置
  • 欠陥検査装置
  • 赤外線カメラ・検査装置

公開中の特集

最新の特集情報をメールマガジンでお知らせしています。

次回更新は 08/05(Thu)です。

  • サンプル見る

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー