注目製品 2024年02月28日(Wed)更新

高精度の電線加工を実現。ケーブルごとのブレード交換が不要な電線ストリップ機

高精度の電線加工を実現。ケーブルごとのブレード交換が不要な電線ストリップ機
電線加工の効率化が多くの現場で課題になっています。ニーズの多様化、少量多品種の生産などの要件を満たすためには、生産性の高い加工を実現しなければいけません。 シュロニガージャパンの『Strip Series B340』は、繰り返し精度に優れ、安定した加工が可能な汎用性の高い電線ストリップ機です。4枚のX型ブレードを用いたロータリー機構により、加工が難しい電線でも正確な加工が行えます。電線ごとにブレードを変える必要がなく、多芯ケーブルや芯線撚りなど様々な加工に対応可能です。断面積は0.013~16mm2、直径は9mmまでの幅広いケーブルに対応。高解像度の5インチカラータッチスクリーンで、設定や操作が容易に行えます。

回転部品の予兆検知AIソリューション。既存の機器にセンサを後付けして簡単運用
モーター、ポンプ、ファンなどの回転部品は様々な工程で使われていますが、現場まで赴きそれぞれを点検するのは膨大な時間と労力がかかるだけでなく、管理も大変です。 THKの『OMNIedge』はセンサとAIを活用し、回転部品の予兆検知を実現するソリューションです。既存の機器にセンサを後付けできるのに加えて、ルーターやWebアプリ、さらにはアラート機能までワンパッケージになっているため導入がスムーズ。しきい値を設定せずにAIが異常度を算出して回転部品の状態を判断するほか、蓄積データを基にした予想故障モードやメンテナンス内容も併せて通知されます。オーバーメンテナンスの削減や、突発故障によるラインの停止などの予防が可能です。

マルチフィジックス、AI・デジタルツインを用いた超高速CFDソリューション
自動車や航空宇宙、ターボ機械などの分野において、今まで以上に高性能・高効率の機械システムの開発が求められており、設計で重要な役割を果たすCFDをはじめとした解析の迅速化が大きな課題になっています。 日本ケイデンス・デザイン・システムズ社が新たにリリースした『Millennium M1』はマルチフィジックスを利用した、AIやデジタルツインによるCFDソリューションです。超高速GPUと生成AIを活用したHigh‐Fidelityシミュレーションが可能で、複雑な機械システムでもターンアラウンドタイムの大幅短縮を達成できるほか、直線的なスケーラビリティも実現できます。

ボルトだけで締結でき、追加工もいらないタイミングプーリ。形番で簡単に手配可能
正逆運転を高頻度で行う工作機械、産業用ロボット、搬送装置などに使用するタイミングプーリは、モータ軸の破損などを防ぐためにもガタツキの回避が不可欠です。 椿本チエインの『ロックプーリ』は、キーレス締結具を一体化したタイミングプーリです。追加工手配が不要なため加工図面もいらず、形番で簡単に手配ができます。摩擦締結によってガタゼロを実現し、軸方向の抜け止めも不要。強力に締結できる標準の「Sタイプ」に加え、高耐食の「めっき仕様」、軽量化した「アルミ仕様」のほか、小径軸向けの「Cタイプ」、ナット一本で締結できる「Nタイプ」など種類が豊富です。また「Sタイプ」はユーザー登録で2D・3DのCADデータを利用できます。

こちらにも注目!

おすすめの新着製品

注目製品 バックナンバー


成功事例

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。