注目製品 2018-06-08 00:00:00.0更新

蛍光灯の代替に。天井高さ4~8m対応の人感センサー付きLED照明

蛍光灯の代替に。天井高さ4~8m対応の人感センサー付きLED照明
工場や倉庫の省エネ化を進める上で無視できない「照明設備」。より消費電力の少ない照明への切り換えはもちろんのこと、無駄な点灯時間も削減したいところ。ただ、頻繁にON/OFFを切り替えるのは手間がかかります。 アイキュージャパンの『Lumiqs BL-640』は、センサーで人やフォークリフトを検知し、自動点灯/消灯する蛍光灯型の高天井用LED照明。必要な時だけ点灯し、電気代を大幅に削減します。最大8mの天井まで対応、高反射シートと高拡散パネルにより明るさを確保し、眩しさも抑制します。既存配線はそのままで施工も簡単・短工期です。7月のプラントメンテナンスショーに出展予定です(ブース1F-25)。

「ADC12」を使った3D造形を実現。金属3Dプリンターの受託造形サービス
複雑形状の造形や、一体構造化による部品点数の削減など、様々なメリットがある“金属3Dプリンター”。ただ、金属材料の種類が限られているため、希望の素材が使えない場合は、切削や鋳造などの従来通りの加工を行う必要があります。 白銅は『金属3Dプリンターの受託造形』で実績が豊富な企業です。東京理科大学・キヤノンマーケティングジャパンとの産学共同研究により、JIS規格のアルミダイキャスト材料「ADC12」を金属3Dプリンターで利用可能にし、今年4月から造形サービスを開始。切削等では困難な形状の部品が作れることで、設計の幅も大きく広がります。また6月20日から始まる「機械要素技術展」では造形サンプルが展示されます。

疲労寿命を延ばす工具。表面を転圧して圧縮応力を付与
「製品の小型化・軽量化と安全性をいかに両立するか」。設計者にとっては常に悩ましい問題です。特に製品の繰り返し動作によって発生する金属疲労破壊はシミュレーションが難しく、様々な要素が寿命に影響するため予期せぬトラブルにつながることも。そんな厄介な金属の疲労寿命を延ばせる工具をご存じですか? スギノマシン『スパロール』はローラで金属表面を転圧して表面層に圧縮応力を生じさせ、疲労強度の向上を実現するバニシングツールです。ショットピーニングに比べ、残留応力が表面から深い位置で最大となり、疲労強度が大幅に向上。例えば、SCM435では研削加工に比べ疲労強度が50%向上することが確認されています。

最大出力500Wの強力超音波カッター。デモ機貸出&テストカットを無料で実施中
「切り粉が舞う」「ランニングコストの負担が大きい」「新素材に適した切断方法が見つからない」など、材料の切断加工に関する悩みは様々。こうした問題を解決できる手段の一つとして、刃先を振動させて切断する超音波カッターが広く採用されています。 ソノテックの超音波カッター『ソノファイル』は、1秒間に最大で40,000回の高速振動によるシャープな切れ味を実現。カーボン関連・熱可塑性プラスチック・複合材・フィルム・ゴム等の切断に対応し、低コストでの導入やコストを抑えた運用が可能です。メンテナンス性に優れるほか、装置が小型で既存の設備に後付け可能、24時間の連続使用が可能な点も特長。現在、デモ機の貸出とテストカットを無料で実施中です。

バリ・ホツレを抑えた金属メッシュ精密加工。高精度な目開きでふるい精度向上
金属メッシュのフィルターを利用して高精度なろ過を行うにあたって、金属メッシュの「バリ・ホツレ」は大きなマイナス要因です。ろ過精度への悪影響はもちろん、バリやホツレが原因となった異物混入などは、絶対に避けたいところです。 金属メッシュの精密加工を手がける八尾金網製作所。バリやホツレ、カエリを抑えた金属メッシュ加工が可能です。ふるい工程の高精度化や異物混入の防止に寄与することはもちろん、シャープな切断面は後加工性の向上にも役立ちます。また、金属線にかかるテンションを適切に調整する技術により、高精度な目開きのメッシュを実現。同社は6月20日から始まる「機械要素技術展」に出展予定です。

金属加工の納期1ヶ月を7日に短縮した事例も!MC加工の難課題、成功事例集進呈
金属加工の試作から量産工程までの最適化。短納期や低コスト生産、高精度、歩留まりを追求する上では、その設計自体はもちろん、加工手法や仕上げ、検査工程の調整など様々な要素が絡むため、それら全体を一貫してハンドルすることが肝要です。 高精度な丸物加工を手掛ける中村製作所では、金属加工における軽量・薄肉・コストダウン・短納期などの難課題を解決した『MC加工の成功事例集』を配布しています。「1ヶ月かかっていた洋上風力発電の部品100個の加工を7日間に短縮」「船舶エンジンのラビリンスの内外径偏心度0.05±0.01の実現」をはじめとした各種事例を、相談内容から試作・量産工程でのポイントまで、製品写真付きで紹介しています。

薄くて細いブレードで複雑形状に難なく対応。IoT技術も活用した高性能裁断機
レクトラ・ジャパン『Vector Auto iX6』は、2×7mmの薄くて細い専用ブレードにより、自動車のヘッドレストなど複雑な形状も効率的に裁断できる製品です。優れた裁断性能とソフトウェアの最適化により、生地を無駄なく使用できコスト削減にも貢献。また、多数のセンサーを搭載し、機械の不具合・故障の予兆を検知できるため高稼働率を維持できます。今回、同製品の開発の背景や特長について話を聞きました。

取り付けるだけでスケールや藻を防止!配管工事不要の水処理装置!デモ機貸出中
水まわりの配管に起こるトラブルは、スケールや腐食、スライムや藻の発生などさまざま。こうした問題を防ぐためにも、定期的なメンテナンスは必須ですが、手間がかかるだけでなく、作業コストも膨らんでしまうという大きな課題がありました。 浅井産業が取扱う『アクアクリア』は、配管の外側に取り付けて電源をつなぐだけで、管内と管表面に電磁界を発生させてスケール化の防止や防錆、菌類の破壊・凝集を可能にする水処理装置です。一度設置すれば24時間、装置に信号が送られて常に電磁界が作られます。装置のメンテナンスは不要で、ランニングコストも削減可能!今なら、効果を確かめられるデモ機を無料貸出中です!

これにも注目

おすすめの新着製品

注目の企業をご紹介!

注目製品 バックナンバー


閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー