注目製品 2019年07月29日(Mon)更新

コスト低減!アルミより高強度で40%軽量。射出成形用炭素繊維強化プラスチック

コスト低減!アルミより高強度で40%軽量。射出成形用炭素繊維強化プラスチック
金属から樹脂への置き換えは、製品の軽量化における有効な方法のひとつです。ただ、射出成形品は機械強度に不安があるもの。CFRPを利用することでより高強度にできますが、形状の自由度が制限されるのがネックです。 ウエストワンが取扱う『Kyron MAX(カイロンマックス)』は、射出成形用の超高強度の炭素繊維強化コンパウンド。アルミニウムやマグネシウム以上の強度をもち、アルミニウムよりも約40%軽量なため代替による軽量化が可能です。短繊維をベースとし、LFTに比べ形状の自由度が高く、薄肉で複雑な形状にも対応OK。量産化による大幅なコスト低減も実現しています。現在、先着10社に製品サンプルを進呈中。

SNSに投稿する感覚で不具合を登録・共有。データの蓄積、報告書の作成が容易
ものづくりの現場において悩ましい“不具合の発生”。ちょっとした不具合も重大な問題に発展する可能性があるため、情報共有とその検証は意義のあることですが、報告書を毎回作成するのは作業者にとって負担にもなります。 アスプロスの『シマッター』は現場で起きた不具合などを、スマホやタブレットから専用アプリを使って簡単に登録・共有ができるサービスです。写真と一緒に登録が可能で、情報を分かりやすく関係者に伝えることができます。さらに、報告書の作成がボタン1つで行えるほか、検索機能で過去の情報がすぐに見つけられ、報告書を探す手間を削減可能。サービスは、クラウド版とオンプレミス版が選択できます。

電子ブレーカーを使用し基本料金を削減。電気代の削減が可能かの無料診断を実施中
多くの企業にとって、1年を通じて求められる“電気代の削減”。しかしながら、その重要性を分かっていても、製品の生産や施設の運用において電気は切っても切り離せないものだけに、極端な節電を断行するのは躊躇してしまうということも珍しくありません。 エリアネットワークは『電力削減のコンサルティングサービス』を手掛けている企業です。同社は、電子ブレーカーを活用しながら、負荷設備契約から主開閉器契約に変更することで、基本料金を抑える各種提案を行っています。現在、電気料金が削減できるかどうかの無料診断サービスを実施中です。

非通電時に即座に停止する電磁ディスクブレーキ。水門用のユニット製品も販売
減速や停止などの制御に必要な“ブレーキ機構”は、機器設備等の安全性や品質と密接に関わるため、耐久性・制動力といった性能面が気になるところ。それと同時に、限られたスペースの中で余裕をもって設置できることも大切です。 三陽商事(三陽工業)では、非通電状態になると即座にブレーキがかかる安全設計の『電磁ディスクブレーキ』を取り扱っています。エレベーター業界で数多くの導入実績があり、要望に応じたカスタマイズにも対応可能。同社は「水門用ディスクブレーキユニット」も販売しており、二重ブレーキ仕様への変更もできて安全性をさらに高められるほか、水門の緊急自重降下に対応できる遠心ブレーキが一体になった製品もあります。

これにも注目

おすすめの新着製品

注目製品 バックナンバー


閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー