注目製品 2019年08月07日(Wed)更新

マンガで解説!工場・倉庫の暑さ対策。熱排出と打水効果で冷やす「涼風換気」

マンガで解説!工場・倉庫の暑さ対策。熱排出と打水効果で冷やす「涼風換気」
工場内の暑さ対策は毎年の課題…という所も多いのではないでしょうか?大空間をエアコンで冷やすにしてもコストがかかりすぎ、送風機を設置するにしても熱風が循環するだけ、など根本的な解決を図るのはなかなか難しいものです。そこで「換気」を利用するというアプローチはどうでしょうか。 鎌倉製作所が提案する『涼風換気』。大空間の上部に溜まった熱を屋根から排出する一方で、打水効果を利用した冷却装置を通して給気を行います。工場内には送風ファンを効果的に設置し、熱溜まりを防止。作業場所など冷やすべきポイントを重点的に冷やします。現在、エアコンとの比較や導入イメージがわかるマンガ資料を配布中です。

プラスチック成形のスマート化に向けて。OPC UA対応の原料供給システム
生産性の向上に加え、少量多品種化への対応も求められているプラスチックの成形加工。しかし、加工に至るまでの各工程で使用する装置の種類が多いため、成形品によって使用原料や混合の割合など、設定しなおす箇所が多く、現場の負担は増すばかりです。 三興商事が取り扱うMOTAN社製『原料供給システム』は、成形機に各工程の制御を集約することで、管理の一元化が可能。OPC UAインターフェースを標準で利用でき、生産管理システムとの連携も行なえます。成形品の切り替えに応じた製造工程の最適化が容易になり、効率性・生産性の向上に貢献。IoTを活用したプラスチック成形加工現場のスマートファクトリー化の実現につながります。

リチウムイオンキャパシタの用途や動作原理など基礎知識がわかる解説資料を進呈
エネルギー密度が高く、長寿命なエネルギーデバイスとして知られるリチウムイオンキャパシタ。その動作原理やリチウムイオン電池との違いなどはご存知ですか? 太陽誘電では、リチウムイオンキャパシタに関する基礎知識を掲載した『豆知識集』をダウンロード配布中です。リチウムイオンキャパシタのメリットや用途例に加え、リチウムイオン電池や電気二重層キャパシタとの違い、動作原理、充放電のメカニズムなどを解説。同社のリチウムイオンキャパシタ製品の製品資料もセットで進呈中です。さらに、抽選で5名に、リチウムイオンキャパシタを使用したレーザーポインターと製品サンプルをプレゼントしています。

チョコ停などの異常を検知すると、監視カメラが自動撮影。方向調整やズームも自動
生産ラインの自動化は省人化・コスト削減に役立ちますが、不具合が発生した時に迅速な対応ができることも重要です。不具合の解析と原因追究は、生産ラインの品質向上につながるものの、実現に映像等で記録を取ろうとすると、膨大なデータの管理で悩まされる場合も。 図研エルミックの『チョコ停Finder』はセンサーが機器の停止や、接触・振動などの異常を検知すると、監視カメラと連動して撮影を行うシステムです。カメラはズーム調整や方向変更などを自動で行い、的確な撮影が可能。映像はパソコンなどに保存され、異常を検知したシーンを簡単に呼び出せます。

各社モータに対応!位置決め精度に優れる高推力電動シリンダ。設計コストの削減に
油圧/空圧シリンダに比べ、位置決め精度や静音性に優れる電動シリンダ。油漏れの心配がない点や、システム設計がシンプルな点など様々な特長がありますが、高推力を得るにはサイズも大きくする必要があるため、用途が制限される点が課題でした。 TAIYOの『ETHシリーズ』は、最大114000Nの高推力を省スペースで実現する電動シリンダ。最高1.7m/sの高速動作や、1000mm以上のロングストロークにも対応し、搬送機器やプレス加工機など高推力が求められる用途に活躍します。幅広いメーカーのモータと組み合わせることができるため、使い慣れた制御方法で設定できる点も特長。ボールねじのリード、減速機のバリエーションも豊富です。

クロスプラットフォームに対応。ライブラリも充実したUI・UX開発ツール
The Qt CompanyはUI・UXの開発ツールの提供を手掛けています。クロスプラットフォームに対応したフレームワークで作業性を高められ、ライブラリも充実しており幅広いニーズに対応可能。開発者やデザイナーが円滑に作業を進められる様々なツールが揃っています。現在、医療業界向けの同社製品について紹介したホワイトペーパーを配布中です。

これにも注目

おすすめの新着製品

注目製品 バックナンバー


閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー