注目製品 2019年09月10日(Tue)更新

積層表示灯の状態を外部電源レスで無線送信。後付けセンサで手軽に始めるIoT

積層表示灯の状態を外部電源レスで無線送信。後付けセンサで手軽に始めるIoT
製造業においても活用が広がるIoT。設備の稼働監視や予兆保全など、工場の生産性改善およびダウンタイム削減に向けて多くの企業が取り組みを加速させています。その一方で、IoT化に必要な機器の入れ替えや、配線工事などコストや手間の部分がネックとなり、「興味はあっても二の足を踏んでいる」というケースも多いようです。 因幡電機産業の『シグナルウォッチャー』は既存の積層表示灯に後付けができ、発光変化を無線送信し設備の状態を手軽に把握可能。取り付けは簡単で、外部電源・配線工事も不要です。本体30台まで稼働監視できるフリーツールや、安価にIoTを始められるお試し導入キットも用意。特長をわかりやすく紹介した動画も公開中です。

高温・油中・海中などの厳しい環境に耐える、組込型テレメータ。展示会出展
回転体のトルク、温度、歪み、振動といった幅広い計測に用いられる“テレメータ”。過酷な環境で使用することも多く、外部からの影響はできる限り抑えたいものです。 マツイが取り扱う『Manner社製 組込型テレメータ』は、高温・高速回転・油中・海中・強磁場内などの様々な条件に対応可能。温度ドリフトを抑えながら、安定した測定が行えます。狭いスペースへ容易に組み込むことができ、自動車や航空機、鉄道、船舶、風力発電機など幅広い分野で活躍。標準品に加え、160℃の高温や高周波などに対応したカスタム品も提供可能です。同社は明日から東京ビッグサイトで始まる「センサエキスポジャパン2019」にて各種取扱製品を展示します。

身体的負担を減らし、生産性が向上する作業デスク。体格や作業内容に応じて調整可
工場ラインの生産性を高めるため、様々な分野で広がっている「ロボットによる単純作業の自動化」。一方で、未だ「手作業が必要な場面」も数多く、更なる効率化を目指すにあたっては、無理のない姿勢で効率的な作業を行える環境づくりが必要です。 イマオコーポレーションが取り扱う『エルゴノミック ワークベンチ』は作業領域、視線、動線、高さまで、一人ひとりに最適化された作業空間を構築できる作業デスク。天板昇降が可能なほか、人間工学に基づいた設計の椅子を採用し、無理のない姿勢で作業が行えます。作業者自身で簡単に調節でき、現場の自発的な環境改善を促すツールとしても活躍。周辺パーツは360品番以上あり、作業に合わせて構成可能です。

トヨタの自動運転フォークリフトで省人化&効率化を実現!導入事例進呈中
工場や倉庫でのフォークリフトによる荷役・搬送作業。現場の人手不足が深刻化する中、工程間搬送や荷揃えといった「単純作業」は自動化・省人化し、より付加価値の高い作業に人材を集中させたいところです。 トヨタL&F(豊田自動織機)の『Rinova AGF』は、搭乗兼用型の自動運転フォークリフト。単純な搬送作業は自動運転で行い、煩雑な荷役作業は有人で対応するといった具合に、無人・有人運転を自在に切り替えられます。前後方の障害物センサなど安全機能も充実。現在、製品カタログや導入事例を進呈中です。

鋳物FC用8号試験片の切削工数を削減!機械加工をせずに試験片が製作できる鋳型
鋳造品の強度評価で行われる“引張試験”には、丸棒を製作した後で中心部を規定の径になるよう切削加工を施したものが使用されます。ただ、短納期が求められる現場にとっては、この加工にかける時間や手間も大きな負担です。 日研工業が取り扱う『簡易8号試験片用シェル鋳型』は中央部が直径20mmになるようにあらかじめ設計された、ねずみ鋳鉄の強度評価試験がスムーズに行える鋳型です。機械加工なしで試験片が作れるため、丸棒の切削にかかる手間を削減可能。第三者機関の引張試験により「シリーズFC150・FC200」は、機械加工を施した試験片と同等の強度で、現場での品質保証試験に使用できることが確認されています。

微弱信号や大電流・大電圧など、様々な条件に合う特殊仕様のスリップリングを製作
回転機構を持つ装置への給電や信号伝送を行う“スリップリング”は、用途も多岐に渡ります。そのため、充分なパフォーマンスを発揮するには、現場ごとの条件に合った機能・仕様のものが必要です。 スリップリングの専門メーカー・日電商工では、特殊仕様のスリップリングの製作も手掛けており、旋回クレーン用・ターンテーブル用・オートメーション装置用など、多数の実績があります。また、デジタル・アナログの微弱信号や、1000A以上の大電流、6.6kVの大電圧といった、様々な条件に対応可能。CC-Link等のネットワーク対応や、光ロータリージョイントの取り付けなども行っています。

塗料・接着剤などの高機能化に。ビニルエーテル製造&カスタム対応。サンプル進呈
カチオン重合性の原料や添加剤として使用し、塗料・接着剤・コート剤等に透明性・可塑性・硬化性といった機能性を付与できるビニルエーテル。開発中の製品に適した組成のものを探す際、経験豊富なプロへの相談やサンプルの使用が大きな助けになります。 日本カーバイド工業は、低沸点や多官能基タイプなど様々な機能を持った『ビニルエーテル』を製造・販売しています。10品種以上の量産品に加え、要望に応じて新規開発やカスタマイズにも対応。耐候性塗料の原料や医薬品、化粧品など、幅広い分野の製品開発で実績があります。同社は、9月18日より「ケミカルマテリアルジャパン」に出展。技術員による個別相談を実施し、来場者には後日サンプルを無償送付します。

悪臭も有毒ガスも強力脱臭。大掛かりな配管工事がいらず、移動も簡単な脱臭装置
ものづくりの現場で発生する悪臭は、作業環境を悪化させる要因のひとつ。健康被害にもつながるため適切な対応が求められますが、大規模な脱臭装置を設置しようとすると工事にかかる時間やコストなどが膨らむため導入を躊躇してしまうことも。 シオガイ精機が取扱う『Cle Quick』は100V電源で使うことができ、大掛かりな配管工事がいらない独立式の脱臭装置。設置場所に合わせて大中小のサイズが選べ、アルデヒド類・硫化物・アミン類・脂肪酸・低濃度VOCなど、様々な悪臭物質を吸着する各種フィルターが揃っています。フィルターは再生利用が行え、交換コストを導入時の40%程度に抑制可能です。同社は現在、無料の“訪問デモ実演”を実施中。

真空到達時間や降温時間が短い高温高真空雰囲気炉など多数掲載。総合カタログ進呈
三幸は、真空関連装置や加熱関連装置などの設計・製造を手がけています。炉材にモリブデンやカーボン等を使い、目的の真空度への到達時間が早く、降温時間の短縮も実現した小型の高温高真空雰囲気炉「1800STシリーズ」をはじめ、試料合成用の抵抗加熱炉、結晶育成炉、半導体熱処理炉用ヒーター、温風循環乾燥機などをラインアップ。現在、取扱製品をまとめた総合カタログを進呈中です。

こちらにも注目!

おすすめの新着製品

注目製品 バックナンバー


閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー