技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】日本やアジアで、虹になされる『区分』とは?
光の屈折率の違いで見られる自然現象の一つが『虹』です。赤から紫まで日本では7色に分類されていますが、世界では3色や5色の地域もあるようです。さて、日本のほか、いくつかの国では虹にある区別がされているんですが、それは一体なんでしょうか?
正解

正解は 「雌雄」

虹はプリズムとなる雨滴の効果によって、光の色が分かれて見えるようになります。私たちが最も目にする虹は、雨滴中で1回だけ反射した『主虹』です。この他に、雨滴中で2回反射した『副虹』が、主虹の外側にうっすらと見えます。主虹は外側が赤く内側が紫ですが、副虹はその逆で外側が紫、内側が赤となります。インドや中国、日本ではこの主虹を『雄』、副虹を『雌』としており、虹の別名『虹霓』(コウゲイ)は、虹(雄)と霓(雌)が組み合わされた漢字です。

不正解

正解は 「雌雄」

虹はプリズムとなる雨滴の効果によって、光の色が分かれて見えるようになります。私たちが最も目にする虹は、雨滴中で1回だけ反射した『主虹』です。この他に、雨滴中で2回反射した『副虹』が、主虹の外側にうっすらと見えます。主虹は外側が赤く内側が紫ですが、副虹はその逆で外側が紫、内側が赤となります。インドや中国、日本ではこの主虹を『雄』、副虹を『雌』としており、虹の別名『虹霓』(コウゲイ)は、虹(雄)と霓(雌)が組み合わされた漢字です。

オススメ用語解説

雲台

概要

雲台とは、カメラを載せてその向きや傾きなどを調整する器具のこと。主に三脚の上部に取付けて使用するもので、三脚とのセットで扱われることが多い。左右方向調節用、上下方向調節用の2組のハンドルを備え、傾き調節や水平出しができる3WAY雲台や、ボールジョイントによって自由に角度調節ができる自由雲台(ボール雲台)などがある。
ギヤモータと組合せて、カメラの角度をリモートコントロールできるタイプもある。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

再生可能エネルギーの水素製造装置とイオン交換膜電解槽の設計、物作り、メンテナンス
イープラン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ