技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】火星の暦。うるう年の割合は?
地球は太陽の周りを1回公転する間に365.2422回転しており、4年に1度、2月を1日増やす閏年を設けて暦を調整していますね。 もし人類が火星に移住することになれば、やはり暦は必要ですが、火星の場合は自転・公転周期が地球とは異なります。そこで問題。火星で太陽暦を用いる場合、閏年(1年が1日多い年)を入れる回数は、どのくらいの割合でしょうか?(ちなみに、火星は公転1回につき、668.550回自転しています)。
正解

正解は 「20年に11回」

火星の自転周期は約24時間37分で地球とほとんど変わりませんが、太陽系のより外側を公転しているため、1年の長さは地球の約1.88倍です(四季もより長くなります)。 閏年の回数は自転と公転の周期のズレから求めることができます。火星が公転する間の自転回数668.550の端数(0.550)から、1年では0.55日のズレとなるので、2年で1.1日、20年で11日の調整が必要です。 したがって、火星での1日多い閏年は20年に11回。カレンダーの半数以上が閏年となります。

不正解

正解は 「20年に11回」

火星の自転周期は約24時間37分で地球とほとんど変わりませんが、太陽系のより外側を公転しているため、1年の長さは地球の約1.88倍です(四季もより長くなります)。 閏年の回数は自転と公転の周期のズレから求めることができます。火星が公転する間の自転回数668.550の端数(0.550)から、1年では0.55日のズレとなるので、2年で1.1日、20年で11日の調整が必要です。 したがって、火星での1日多い閏年は20年に11回。カレンダーの半数以上が閏年となります。

オススメ用語解説

RHEED

概要

RHEEDとは、Reflective High-Energy Electron Diffractionの略で、薄膜などの表面構造の解析に使用する反射高速電子線回折法のこと。真空中で電子線を試料に対してほぼ水平に入射させ、表面の原子との相互作用により回折された電子線をスクリーンに投影して回折パターンを得る。
RHEEDはそれまでのLEED(低速電子線回折)とは異なり、成膜プロセスのじゃまにならないため、成膜中にその表面を原子レベルで観察・解析できるのが特長である。半導体などの薄膜作製のモニタリングや制御、成長速度の測定などに利用されている。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

自動車業界、医薬・食品業界、電気電子業界に 生産・管理システムや部品の製造・検査、 製造・加工・組立ライン、テクノロジーを提供
ユニテクノロジー

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ