技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】南極にイギリス方面から風が吹いた。この風の風向きは?
風向きを表すのには東西南北を使います。冬になれば北風、春には南風が吹いてきますね。しかし南極点ではどうでしょうか?全ての風は北から北へ吹いています。そこで問題。今、南極点にイギリス方向(経度ゼロ)から風が来ました。この風の風向きは?
正解

正解は 「北」

正解は北。といってもそう単純な話ではありません。南極では全ての風が北風となってしまうので、便宜上の風向きを使います。経度0度を北、経度180度を南、間の90度がそれぞれ東、西とされています。したがって経度ゼロから吹く風は北風。日本方面(東経135度)から風であれば、東南の風となります。

不正解

正解は 「北」

正解は北。といってもそう単純な話ではありません。南極では全ての風が北風となってしまうので、便宜上の風向きを使います。経度0度を北、経度180度を南、間の90度がそれぞれ東、西とされています。したがって経度ゼロから吹く風は北風。日本方面(東経135度)から風であれば、東南の風となります。

オススメ用語解説

真空チャンバ

概要

真空チャンバとは、大気圧よりも低い気圧で安定した密閉空間のこと。真空容器や真空ベッセルも同義であるが、真空チャンバの場合はある程度の大きさ・容量があり、内部で製品加工、計測などの作業が真空状態で行えるものを指す。
材質はSUS304/316、アルミなどで、チタンを用いることもある。必要な真空度やコンタミにより、材質の選択、内部の表面処理、付属の機構(ガス配管真空コネクタ電流導入端子など)が必要となる。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ