技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】東日本の電気は50Hz、西日本は60Hz。長野新幹線の電気の周波数は?
東日本と西日本では電気の周波数が違いますね。東日本は50Hz、西日本は60Hzです。 さて、新幹線は電気で動きますが、走行する路線で周波数は異なります。東北新幹線は50Hz、山陽新幹線は60Hz、東海道新幹線は東日本地区に周波数変換変電所を数箇所設置して60Hzを使っています。ここで問題。長野新幹線が使用する電気の周波数は、以下のどれでしょうか?
正解

正解は 「50Hzと60Hzを共用」

長野新幹線は小型化された周波数変換装置を搭載しており、50Hz/60Hzともに対応できます。東京から軽井沢の先までは50Hzで走り、切り替えポイントを経て長野までは60Hzで走ります。ちなみに、長野新幹線から延伸が予定される北陸新幹線は60Hzで送電されます。

不正解

正解は 「50Hzと60Hzを共用」

長野新幹線は小型化された周波数変換装置を搭載しており、50Hz/60Hzともに対応できます。東京から軽井沢の先までは50Hzで走り、切り替えポイントを経て長野までは60Hzで走ります。ちなみに、長野新幹線から延伸が予定される北陸新幹線は60Hzで送電されます。

オススメ用語解説

シーリング材

概要

部材間の隙間や接合部、亀裂、穴などを埋めるために充填される樹脂またはゴム状の材料のこと。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

スクリーンインキ、カーボンインキ、減感インキ、工業用インキ、印刷関連資機材、印刷機器、ノベルティ商品他
帝国インキ製造

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ