技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【生物】水中を最も早く泳ぐ哺乳類は?

陸上で最も速く走る哺乳類といえば、チーターです。最高速で走ることができる時間が限られているとはいえ、その速度は時速120kmにも達します。ところで、同じ哺乳類の中でも、水中を最も早く泳ぐ動物は、以下のうちのどれでしょうか?
正解

正解は 「シャチ」

水中を最も早く泳ぐのはシャチで、最高速で時速80kmにも達します。イルカやクジラも最高速は時速50kmほど。最も早く泳ぐ生物はカジキマグロで、時速100kmを超えています。 ちなみに人が泳ぐ早さは時速6.5kmくらいです。

不正解

正解は 「シャチ」

水中を最も早く泳ぐのはシャチで、最高速で時速80kmにも達します。イルカやクジラも最高速は時速50kmほど。最も早く泳ぐ生物はカジキマグロで、時速100kmを超えています。 ちなみに人が泳ぐ早さは時速6.5kmくらいです。

オススメ用語解説

屈折計

概要

屈折計とは、光の屈折を応用した測定器のこと。測定器といっても、実質的には液体用の濃度計を指す。液体に物質が溶けている場合、その濃度と屈折率が比例する。これを応用し、純水中の異物混入率、液体製品の純度、果実液中の糖度などを測定するのに屈折計を使用する。プリズムを用い、試料液の屈折率とプリズムの屈折率の差によって濃度を測定するのが基本的な仕組みである。液体に加え、固体の屈折率が測定できるアッベ屈折計もある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■ゲート事業部  ・大型門扉  ・特殊門扉  ・電気錠システム  ・格納庫扉  ・大型オーバードアー  ・自動ドア ■ハウジン...
応緑

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ