技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】うなぎの毒はどこにある?
土用丑の日には蒲焼を食される方も多いのではないでしょうか?さて、美味しく調理された蒲焼ですが、実はうなぎが持つ“毒”が取り除かれています。そこで問題、うなぎの毒はどこに含まれているのでしょうか?
正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

不正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

オススメ用語解説

ソーラシミュレータ

概要

ソーラシミュレータとは、屋外使用や太陽光下でのワークに対する影響を屋内でテスト・検査するために、人工的に太陽に似た光を作り、照射する装置のこと。塗料や印刷インキ、化粧品、外装材などの退色・劣化・耐光試験や、太陽電池、光触媒などの特性を測るために使用されている。
特に太陽電池用のソーラシミュレータは、JIS C8912(結晶系)、JIS C9833(アモルファス)で定義されており、太陽光スペクトルとの合致度や照度ムラ、時間変動率により等級分けされている。光源には主にキセノンランプが用いられるが、ハロゲンランプを組合せたり、光学系の工夫が施されたりしている。また、大型の太陽電池パネルに対応する大照射面(1m×2m程度)を備えたものや、温度上昇の影響を防ぐパルス点灯方式などの機種もある。

・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ