技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】実在するクラゲは?
お盆明けの海水浴での痛い思い出といえば、クラゲ。 最近では水中をぷかぷか漂う様に癒しを感じる愛好家も増えてきていますね。クラゲには多くの種類がいますが、中にはとんでもない特徴を持つものもいます。そこで問題。以下のうち、実際にいるクラゲは一体どれでしょうか?
正解

正解は 「不老不死のクラゲ」

普通のクラゲは卵から幼生、ポリプを経てクラゲとなり、クラゲとして成熟すると寿命で死んでしまいますが、ベニクラゲはクラゲとして成熟すると、徐々に衰弱してポリプ(固着性の形体)に戻ってしまい、また成長というサイクルを繰り返します。 別の遺伝子の子孫ではなく、同じ遺伝子の個体がこのサイクルを繰り返すので、不老不死のクラゲといわれています。 ちなみに地球上で最凶の毒を持つと言われているのは、『キロネックス』というクラゲです。

不正解

正解は 「不老不死のクラゲ」

普通のクラゲは卵から幼生、ポリプを経てクラゲとなり、クラゲとして成熟すると寿命で死んでしまいますが、ベニクラゲはクラゲとして成熟すると、徐々に衰弱してポリプ(固着性の形体)に戻ってしまい、また成長というサイクルを繰り返します。 別の遺伝子の子孫ではなく、同じ遺伝子の個体がこのサイクルを繰り返すので、不老不死のクラゲといわれています。 ちなみに地球上で最凶の毒を持つと言われているのは、『キロネックス』というクラゲです。

オススメ用語解説

海底熱水鉱床

概要

海底熱水鉱床とは、海底にある熱水鉱床のこと。熱水鉱床は金や銀など融点の低い金属が高温の地下水(熱水)に溶かし込まれたもので、海底熱水鉱床はこの熱水が海底に噴出され、それが海水で冷却されることで沈殿して生成される鉱床のこと。
マグマ活動が活発なところに多く、日本近海は日本の世界有数の海底熱水鉱床と言われている。日本の排他的経済水域(EEZ)の中には伊豆・小笠原弧で5つ、沖縄で6つの海底熱水鉱床が発見されている。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

・各種パッキン(シール) ・工業用ゴム製品 の製造販売
タフトレーディング

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ