技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】実在するクラゲは?
お盆明けの海水浴での痛い思い出といえば、クラゲ。 最近では水中をぷかぷか漂う様に癒しを感じる愛好家も増えてきていますね。クラゲには多くの種類がいますが、中にはとんでもない特徴を持つものもいます。そこで問題。以下のうち、実際にいるクラゲは一体どれでしょうか?
正解

正解は 「不老不死のクラゲ」

普通のクラゲは卵から幼生、ポリプを経てクラゲとなり、クラゲとして成熟すると寿命で死んでしまいますが、ベニクラゲはクラゲとして成熟すると、徐々に衰弱してポリプ(固着性の形体)に戻ってしまい、また成長というサイクルを繰り返します。 別の遺伝子の子孫ではなく、同じ遺伝子の個体がこのサイクルを繰り返すので、不老不死のクラゲといわれています。 ちなみに地球上で最凶の毒を持つと言われているのは、『キロネックス』というクラゲです。

不正解

正解は 「不老不死のクラゲ」

普通のクラゲは卵から幼生、ポリプを経てクラゲとなり、クラゲとして成熟すると寿命で死んでしまいますが、ベニクラゲはクラゲとして成熟すると、徐々に衰弱してポリプ(固着性の形体)に戻ってしまい、また成長というサイクルを繰り返します。 別の遺伝子の子孫ではなく、同じ遺伝子の個体がこのサイクルを繰り返すので、不老不死のクラゲといわれています。 ちなみに地球上で最凶の毒を持つと言われているのは、『キロネックス』というクラゲです。

オススメ用語解説

エネファーム

概要

エネファームとは、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの愛称。2008年に燃料電池の業界団体・FCCJ(燃料電池実用化推進協議会)が決定した統一名称。『エネルギー』と『ファーム(農場)』の造語で、家庭でエネルギーをつくることを意味している。
家庭用燃料電池は、都市ガスやLPガス、灯油等から水素を取出し、空気中の酸素と反応させて発電するシステム。さらに発電時に排出される熱を利用したコージェネレーションによる給湯システムも備える。出力は7501000W程度で、主に固体分子形燃料電池(PEFC)が使われる。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ