技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】気圧が50hPa低いときの海面上昇は?
台風が来ると当然強い風が吹きますが、それ以外にも様々な現象が起きます。その一つが海面の上昇です。中心の気圧が低いために海が吸い上げられ海面が上昇する現象なのですが、この海面上昇の量は中心の気圧によって変わります。そこで問題、中心の気圧が周囲より50hPa低いと、海面はどれだけ上昇するでしょうか?
正解

正解は 「50cm」

気圧の差による海面の上昇は気象潮と呼ばれ、10hPaあたり約10cmとなります。 計算方法は簡単で、大気および海水の密度と、その圧力の釣り合いから算出されます。 ちなみに、低気圧の観測史上最低の記録は870hPaです。

不正解

正解は 「50cm」

気圧の差による海面の上昇は気象潮と呼ばれ、10hPaあたり約10cmとなります。 計算方法は簡単で、大気および海水の密度と、その圧力の釣り合いから算出されます。 ちなみに、低気圧の観測史上最低の記録は870hPaです。

オススメ用語解説

非破壊検査

概要

非破壊検査(NDI: Non destructive Inspection, NDT: Non destructive Testing) とは、検査物を物理的に破壊しないで、内部や表面の微小な欠陥を検出する検査方法のこと。
X線やガンマ線を用いた放射線透過検査、超音波探傷検査、渦流探傷試験、磁粉探傷検査、サーモグラフィ検査などさまざまな種類がある。

・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

●経験・創造力・独創性・・人脈(国内・海外)を活かし、製品の差別化をはかり、事業の促進を計ります。 ●強力なパートナーシップにより、戦略的...
インテックス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ