技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】超音速の救急車のサイレンはどう聞こえる?

救急車が近づいてくる時と遠ざかってくるときで音の高さが変わるのは、ドップラー効果によるものですね。 救急車のスピードが速いほど、音の高低差は大きくなります。そこで問題。救急車が音速を超えた場合、音の聞こえ方の変化は、どのようになるでしょうか?
正解

正解は 「聞こえない⇒超低音」

超音速の音源が近づいてくる場合は衝撃波が発生して音波は前面には届かず、音源の接近中はその音は聞こえません。 逆に音源が遠ざかっていく場合は通常のドップラー効果と同じように、より低音になって聞こえます。

不正解

正解は 「聞こえない⇒超低音」

超音速の音源が近づいてくる場合は衝撃波が発生して音波は前面には届かず、音源の接近中はその音は聞こえません。 逆に音源が遠ざかっていく場合は通常のドップラー効果と同じように、より低音になって聞こえます。

オススメ用語解説

フェイスミル

概要

フェイスミルとは、フライスの一種で、回転軸の外周に刃物を備えた切削工具のこと。正面フライスとも呼ぶ。フライス盤に工具を取付けた工作機械を指すことが多く、刃物のみの場合はフェイスミルカッタと呼ぶ。
主に溝掘り、切込みなどのミーリング加工に用いる。被加工材に応じた材質の選択や刃角度の調整、過熱防止のクーラントの使用などが必要になる。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■ダイヤモンド研磨剤(スラリー・コンパウンド・パウダー・ルブリカントオイル、カスタム品)の販売 ■研磨用特殊プレート(ケメットプレート各種...
ケメット・ジャパン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ