技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【地学】CO2濃度が最も高いのは?

産業革命以降、どんどん増加している地球上の二酸化炭素。昨今はその削減が大きな社会的テーマになっていますが、地域的に見るとその濃度には違いがあります。そこで問題。以下のうち二酸化炭素濃度が最も大きいのは、一体どこでしょうか?
正解

正解は 「北極」

工業国や先進国が多い影響で、北半球の高緯度帯は最も二酸化炭素が多い地域となっており、その影響は北極でも顕著に見られます。 一方、南半球は工業国などが少ないため、二酸化炭素の濃度が大きい順番に並べると、北極⇒赤道⇒南極、となります。 ちなみに二酸化炭素濃度は夏に小さく、冬に大きくなります。植物が活発な夏は、光合成により二酸化炭素が吸収されるためです。

不正解

正解は 「北極」

工業国や先進国が多い影響で、北半球の高緯度帯は最も二酸化炭素が多い地域となっており、その影響は北極でも顕著に見られます。 一方、南半球は工業国などが少ないため、二酸化炭素の濃度が大きい順番に並べると、北極⇒赤道⇒南極、となります。 ちなみに二酸化炭素濃度は夏に小さく、冬に大きくなります。植物が活発な夏は、光合成により二酸化炭素が吸収されるためです。

オススメ用語解説

貴金属化合物

概要

貴金属化合物とは、めっき薬品や触媒として用いる貴金属ベースの化合物のこと。代表的なものには塩化金酸、シアン化金カリウム、硝酸銀、シアン化銀カリウム、ジニトロジアミン白金硝酸、硝酸パラジウム、塩化パラジウム、塩化ロジウム、硫酸ロジウム、硝酸ロジウム、塩化ルテニウム、硝酸ルテニウム、塩化イリジウムなどがある。
自動車の排気ガス浄化装置、光触媒、燃料電池など多様な分野で用途は拡大している。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■ コネクタを始めとする各種電気部品の販売   (3M製テープ・接着剤を一部取扱い) ■ 主な取扱いメーカー ・日本モレックス合...
河野エレクトロニクス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ