技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【地学】CO2濃度が最も高いのは?

産業革命以降、どんどん増加している地球上の二酸化炭素。昨今はその削減が大きな社会的テーマになっていますが、地域的に見るとその濃度には違いがあります。そこで問題。以下のうち二酸化炭素濃度が最も大きいのは、一体どこでしょうか?
正解

正解は 「北極」

工業国や先進国が多い影響で、北半球の高緯度帯は最も二酸化炭素が多い地域となっており、その影響は北極でも顕著に見られます。 一方、南半球は工業国などが少ないため、二酸化炭素の濃度が大きい順番に並べると、北極⇒赤道⇒南極、となります。 ちなみに二酸化炭素濃度は夏に小さく、冬に大きくなります。植物が活発な夏は、光合成により二酸化炭素が吸収されるためです。

不正解

正解は 「北極」

工業国や先進国が多い影響で、北半球の高緯度帯は最も二酸化炭素が多い地域となっており、その影響は北極でも顕著に見られます。 一方、南半球は工業国などが少ないため、二酸化炭素の濃度が大きい順番に並べると、北極⇒赤道⇒南極、となります。 ちなみに二酸化炭素濃度は夏に小さく、冬に大きくなります。植物が活発な夏は、光合成により二酸化炭素が吸収されるためです。

オススメ用語解説

ウェーブワッシャー

概要

ウェーブワッシャーとは、丸い平座金を波形に曲げてばね作用をもたせた座金の一種。ワークのガタ止めや、防振、位置の微調整などを目的として、軸受、電動機、自動車などで使用される。波形座金または波ワッシャーと呼ぶこともある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

○各種鋳造木型製作 ○モデル製作 ○木製品製作
昭和製作所

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ