技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】西から日が昇るのは?
西から昇ったお日様が東に沈む。有名なアニメのオープニングテーマですが、地球ではそんなことはさすがにあり得ませんね。ところが、太陽系にはこの現象が見られる惑星があります。それは以下のうちどれでしょうか?
正解

正解は 「金星」

太陽系の惑星はそのほとんどが地球の北極側から見て反時計回りに自転していますが、金星だけは自転方向が逆向きです。従って、太陽は西から昇ることになります。 ちなみに月でも太陽は東から昇りますが、地球では1日(24時間)に1回見られる日の出も、月では地球時間でいう29.5日(708時間)に1回となります。

不正解

正解は 「金星」

太陽系の惑星はそのほとんどが地球の北極側から見て反時計回りに自転していますが、金星だけは自転方向が逆向きです。従って、太陽は西から昇ることになります。 ちなみに月でも太陽は東から昇りますが、地球では1日(24時間)に1回見られる日の出も、月では地球時間でいう29.5日(708時間)に1回となります。

オススメ用語解説

ロータリキルン

概要

ロータリキルンとは、筒状の容器を回転させながら加熱する形式の炉のこと。「キルン」とは窯のことで、ロータリ=回転と合せて直訳した「回転窯」とも呼ばれる。炉を回転させながら原料を投入するため、攪拌により効率よく焼成が行われる。直接加熱式と外部加熱式があり、基本的には炉に傾斜をつけて連続投入・排出するが、真空雰囲気での焼成が可能なバッチ式もある。
元来はセメント製造の工法だったが、近年はゴミの焼却などにも用いられている。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ