技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】地球の中心は何色?
地球の地面をどんどん掘っていくと、まずは土・岩石があり、次にマントル、そして最終的には中心部の核にぶつかります。現実的にはそこまで掘り進むのは難しいのですが、仮に掘り進んでいけたとしたら、地球の中心で見られる核は一体何色でしょうか?
正解

正解は 「白」

地球の中心は約6000℃にもなり、これは太陽の表面と同じくらいの高温です。 温度が高い物体は熱エネルギーを光として放出します。その光に含まれる色の割合は温度によって様々ですが、6000℃にもなると様々な色の光が膨大に放出され、それを目で見ると、とてもまぶしい白色に見えることになります。

不正解

正解は 「白」

地球の中心は約6000℃にもなり、これは太陽の表面と同じくらいの高温です。 温度が高い物体は熱エネルギーを光として放出します。その光に含まれる色の割合は温度によって様々ですが、6000℃にもなると様々な色の光が膨大に放出され、それを目で見ると、とてもまぶしい白色に見えることになります。

オススメ用語解説

ストリング検査

概要

ストリング検査とは、太陽電池ストリングを検査すること。太陽電池は材料や構成により各種あるが、セル単体では起電圧が小さいため、セルを直列接続したストリングを作成してからモジュール化することが多い。このストリングにした段階で、ストリングの長さ、電極位置や、セルの寸法、傾き、クラック・破損の有無、エレクトロルミネッセンスなどの外観検査を行うものである。モジュール化する前に、製品の不良を排除できる。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

・半導体製造装置の立ち上げ・セットアップ ・半導体製造装置の仕様変更 ・半導体製造装置の修理 ・半導体製造装置のリフレッシュ・プリメン...
SCREEN SPEサービス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ