技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】『球根』って何?
秋植え球根の代表的なものの一つがチューリップですね。秋に植えると、冬の寒さに耐え春にはきれいな花を咲かせてくれます。ところでこのチューリップの球根。一体どのようなものなのでしょうか?
正解

正解は 「咲き終わった「葉」の根もとが変化したもの」

チューリップは花が咲き終わると「葉」の付け根に栄養を集め球根を作ります。 1枚の葉につき1つの球根ができるので、1本の花から3つほどの球根ができます。ちなみにこれは無性生殖で、球根はもとの花と同じDNAを持っています。 一方、受粉・受精してタネが作られる有性生殖では、異なるDNAのチューリップが誕生します。 ただ、タネを植えて花が咲くまでには5~6年ほどかかるため、園芸などでは主に球根が使用されます。

不正解

正解は 「咲き終わった「葉」の根もとが変化したもの」

チューリップは花が咲き終わると「葉」の付け根に栄養を集め球根を作ります。 1枚の葉につき1つの球根ができるので、1本の花から3つほどの球根ができます。ちなみにこれは無性生殖で、球根はもとの花と同じDNAを持っています。 一方、受粉・受精してタネが作られる有性生殖では、異なるDNAのチューリップが誕生します。 ただ、タネを植えて花が咲くまでには5~6年ほどかかるため、園芸などでは主に球根が使用されます。

オススメ用語解説

STI(Shallow Trench Isolation、シャロートレンチアイソレーション)

概要

STI(Shallow Trench Isolation、シャロートレンチアイソレーション)とは、半導体製造工程における素子分離法の一つ。シリコン(Si)基板上に浅い溝を形成した後、酸化膜(SiO2)などの絶縁物で埋め戻して素子分離領域を形成する。
具体的には、Si基板に薄いSiO2を形成。さらに窒化膜(Si3N4)などをマスキングし、エッチングでSi基板に浅い溝を形成。エッチング部分に酸化膜を形成し、それを絶縁分離膜として用いる(埋め込み酸化膜とも呼ばれる)。
STIはLOCOSに比べて横方向へ広がりがなく、微細化が可能。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

ロール、平板、金属等のシボ加工及びエンボス加工
ニューテックス(有限会社ファインメタルアート)

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ