技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】日本の気象衛星で存在したものは?
気象衛星ひまわり。日本の天気予報には欠かせない存在ですね。ひまわりは数年置きに新しいものが打ち上げられているのですが、中には名前が「ひまわり」ではなかったものもありました。さて、それは以下のうちどれでしょうか?
正解

正解は 「みらい」

1999年にひまわり5号の後を受けて、公募で命名された多目的衛星「みらい」が打ち上げられました。しかし打ち上げは失敗に終わり、「みらい」の名前もそれ以来使用されませんでした。 その後、ひまわり6号とひまわり7号は無事に打ち上げられ、現在は2機体制で日本だけでなく東アジアや太平洋地域の国々の空を見守っています。

不正解

正解は 「みらい」

1999年にひまわり5号の後を受けて、公募で命名された多目的衛星「みらい」が打ち上げられました。しかし打ち上げは失敗に終わり、「みらい」の名前もそれ以来使用されませんでした。 その後、ひまわり6号とひまわり7号は無事に打ち上げられ、現在は2機体制で日本だけでなく東アジアや太平洋地域の国々の空を見守っています。

オススメ用語解説

タッピングセンタ

概要

タッピングセンタとは、パンチングやレーザー加工によって開けた下穴に雌ネジを切る装置であるタッピングマシン(ネジ切り装置)から進化した機械で、複数のツール(ドリルシャンク)を備え、NC制御で切換えるなど、マニシングセンタと基本構造は同じ・穴あけ、ネジ切りの他、面削り、エンドミル加工、深穴明けにも対応した機械である。
通常ネジ切りは、ネジの間隔と掘り進むピッチの誤差を吸収するためバネ式の工具を用いるが、加工速度を速くできないと言う問題点があったが、タッピングセンタは高速でネジ切りを行うためネジの間隔と工具の動きを完全一致させるシンクロタップを実現している。
また工具を取り付ける主軸をマシニングセンターよりも細くした設計の機種が多く、回転速度を速くしやすく、軽量化が可能で機械の移動速度も速くでき、生産性を必要とする自動車部品、コンピュータ部品、携帯電話などの通信機器の部品加工に使用されている。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

太陽電池、リチウムイオン電池などの二次電池、キャパシター、燃料電池、熱電変換 デバイス、各種触媒、赤外線遮蔽(熱遮蔽)、天然原料由来先端材...
GSアライアンス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ