技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【地学】北斗七星の柄杓の柄から2番目の星をよく見ると?

冬は夜空の星がきれいに見えますね。北の空には北斗七星がひしゃくの形に並んでいますが、ひしゃくの柄から2番目の星は、実はよく見ると他の星とは違って見えます。さて、どのように見えるでしょうか?
正解

正解は 「すぐ近くにもう1つ星が見える」

北斗七星のひしゃくの柄から2番目の星は『ミザール』と呼ばれますが、このすぐ近くには連星系をなすアルコルがあります。暗い星であるため、視力が良くないと見分けられないことから、過去には視力検査にも使われていました。 ちなみに北斗の『斗』とは、『ひしゃく』という意味です。

不正解

正解は 「すぐ近くにもう1つ星が見える」

北斗七星のひしゃくの柄から2番目の星は『ミザール』と呼ばれますが、このすぐ近くには連星系をなすアルコルがあります。暗い星であるため、視力が良くないと見分けられないことから、過去には視力検査にも使われていました。 ちなみに北斗の『斗』とは、『ひしゃく』という意味です。

オススメ用語解説

低摩擦シート

概要

低摩擦シートとは、表面の摩擦抵抗値が低いシートのこと。素材はフッ素樹脂(テフロンなど)、ナイロン、ニトリルゴムシリコーンゴムなどで、複合材の場合もある。食品製造、医薬品製造など、グリースや潤滑剤が使えない機器の摺動部分のカジリ防止に使用したり、パーツフィーダの傾斜部・排出部に用いたりする。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

○安全・環境・省エネを重要な位置付けとした事業活動 ○水・空気・熱・をテーマとした開発・設計・製造・販売
サタコ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ