技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】北斗七星の柄杓の柄から2番目の星をよく見ると?
冬は夜空の星がきれいに見えますね。北の空には北斗七星がひしゃくの形に並んでいますが、ひしゃくの柄から2番目の星は、実はよく見ると他の星とは違って見えます。さて、どのように見えるでしょうか?
正解

正解は 「すぐ近くにもう1つ星が見える」

北斗七星のひしゃくの柄から2番目の星は『ミザール』と呼ばれますが、このすぐ近くには連星系をなすアルコルがあります。暗い星であるため、視力が良くないと見分けられないことから、過去には視力検査にも使われていました。 ちなみに北斗の『斗』とは、『ひしゃく』という意味です。

不正解

正解は 「すぐ近くにもう1つ星が見える」

北斗七星のひしゃくの柄から2番目の星は『ミザール』と呼ばれますが、このすぐ近くには連星系をなすアルコルがあります。暗い星であるため、視力が良くないと見分けられないことから、過去には視力検査にも使われていました。 ちなみに北斗の『斗』とは、『ひしゃく』という意味です。

オススメ用語解説

パレートの法則

概要

パレートの法則とは、経済的な要素、例えば売上、不良品、所得配分などにおいて、少ない要素・要因が大きな部分を占めるという経験則のこと。イタリアの経済学者V.パレートが、19世紀末に統計的な分析に基づいて発表したもので、この名が付いている。
実際にパレートが発表したのは、個人の所得金額とその金額を得ている人数の間にべき乗の関係式が成り立つということだけであったが、本来の法則がマーケティングや品質管理などの分野で幅広く解釈・適用され、現在では、80対20の法則、2:8の法則などとも呼ばれている。「売上の80%は、全商品のトップ20%が生み出す」「売上の80%は、全顧客のトップ20%が生み出す」「故障の80%は、全商品の20%から発生する」などである。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ