技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【地学】北斗七星の柄杓の柄から2番目の星をよく見ると?

冬は夜空の星がきれいに見えますね。北の空には北斗七星がひしゃくの形に並んでいますが、ひしゃくの柄から2番目の星は、実はよく見ると他の星とは違って見えます。さて、どのように見えるでしょうか?
正解

正解は 「すぐ近くにもう1つ星が見える」

北斗七星のひしゃくの柄から2番目の星は『ミザール』と呼ばれますが、このすぐ近くには連星系をなすアルコルがあります。暗い星であるため、視力が良くないと見分けられないことから、過去には視力検査にも使われていました。 ちなみに北斗の『斗』とは、『ひしゃく』という意味です。

不正解

正解は 「すぐ近くにもう1つ星が見える」

北斗七星のひしゃくの柄から2番目の星は『ミザール』と呼ばれますが、このすぐ近くには連星系をなすアルコルがあります。暗い星であるため、視力が良くないと見分けられないことから、過去には視力検査にも使われていました。 ちなみに北斗の『斗』とは、『ひしゃく』という意味です。

オススメ用語解説

真空炉

概要

真空炉とは、チャンバ内の空気を排気し、真空状態で加熱処理を行う装置のこと。加熱時にワークが酸化しない、前工程で塗装を行っている場合には脱泡処理ができ、加熱ムラなどを防止できるなどのメリットがある。
加工物の歪みを抑止できることも特長である。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

LEDのプロフェッショナルであるブライト株式会社は、開発から販売までワンストップで提供しているLED専門会社です。LED製品を販売するだけで...
ブライト

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ