技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【化学】コップになみなみ注いだお酒。表面張力での盛り上がりは?

お酒をコップのギリギリまで注ぐと水面が盛り上がりますね。これは表面張力によるものですが、この盛り上がりは冷酒と熱燗ではどのように違うでしょうか?
正解

正解は 「冷酒のほうが盛り上がる」

お酒に限らず、液体の表面張力は温度が高いほど小さくなります。これは温度が低いほど分子がお互いに結びついてじっとしていようとするからです。 フライパンに油を引いて加熱すると油がサラサラになるのもこのためです。

不正解

正解は 「冷酒のほうが盛り上がる」

お酒に限らず、液体の表面張力は温度が高いほど小さくなります。これは温度が低いほど分子がお互いに結びついてじっとしていようとするからです。 フライパンに油を引いて加熱すると油がサラサラになるのもこのためです。

オススメ用語解説

エア緩衝材

概要

エア緩衝材とは、空気が入ったチューブや粒状の突起、気泡を利用して、梱包・搬送時の衝撃吸収に用いる樹脂製のクッションのこと。気泡緩衝材も同義で、エアパッキン、エアクッションなどとも呼ばれている。
棒状のエア室を帯状に連ねたタイプ、大きなエア室を用いるブロックタイプや、袋形状に加工したもの、筐体を包み込むケースタイプなどがある。精密機器、光学機器などの搬送には欠かせない。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

○コンクリート製品製造設備の製造販売 ○環境分野の機械設備の製造販売
株式会社チヨダマシナリー(タイガーグループ)

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ