技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】ロウソクが溶ける温度は?
ロウソクの炎の温度はだいたい1500~1100℃くらいですが、ロウソク自体が溶ける温度は一体どれくらいでしょうか?
正解

正解は 「70℃」

ケーキなどに使われる洋ロウソクは70℃くらいで溶けてしまうので、熱いお湯に入れることで形を変えることができます。 また、素材が異なる和ロウソクは60℃くらいで溶けます。 したがって、溶けた蝋が体にかかると少々熱いお湯をかけられている感覚になります。

不正解

正解は 「70℃」

ケーキなどに使われる洋ロウソクは70℃くらいで溶けてしまうので、熱いお湯に入れることで形を変えることができます。 また、素材が異なる和ロウソクは60℃くらいで溶けます。 したがって、溶けた蝋が体にかかると少々熱いお湯をかけられている感覚になります。

オススメ用語解説

パレートの法則

概要

パレートの法則とは、経済的な要素、例えば売上、不良品、所得配分などにおいて、少ない要素・要因が大きな部分を占めるという経験則のこと。イタリアの経済学者V.パレートが、19世紀末に統計的な分析に基づいて発表したもので、この名が付いている。
実際にパレートが発表したのは、個人の所得金額とその金額を得ている人数の間にべき乗の関係式が成り立つということだけであったが、本来の法則がマーケティングや品質管理などの分野で幅広く解釈・適用され、現在では、80対20の法則、2:8の法則などとも呼ばれている。「売上の80%は、全商品のトップ20%が生み出す」「売上の80%は、全顧客のトップ20%が生み出す」「故障の80%は、全商品の20%から発生する」などである。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ