技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】ロウソクが溶ける温度は?
ロウソクの炎の温度はだいたい1500~1100℃くらいですが、ロウソク自体が溶ける温度は一体どれくらいでしょうか?
正解

正解は 「70℃」

ケーキなどに使われる洋ロウソクは70℃くらいで溶けてしまうので、熱いお湯に入れることで形を変えることができます。 また、素材が異なる和ロウソクは60℃くらいで溶けます。 したがって、溶けた蝋が体にかかると少々熱いお湯をかけられている感覚になります。

不正解

正解は 「70℃」

ケーキなどに使われる洋ロウソクは70℃くらいで溶けてしまうので、熱いお湯に入れることで形を変えることができます。 また、素材が異なる和ロウソクは60℃くらいで溶けます。 したがって、溶けた蝋が体にかかると少々熱いお湯をかけられている感覚になります。

オススメ用語解説

除電バー

概要

除電バーとは、バー形状(棒状)の除電装置、イオナイザのこと。スタティックバーとも呼ぶ。実際にはバーの部分は電極で、これとパワーユニット(高電圧発生装置)、高圧ケーブルで構成する。主に搬送ラインの上に設置して、ラインを流れる幅の広い製品の静電気を除去し、帯電を防止する。液晶などのFPDや、大型基板、フィルム、製紙などの製造工程で使用されるため、有効長3mクラスまである。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

物流コンサルテーション、物流管理サービス、国内および海外における調達・生産・販売・回収物流・包装設計・包装試作・パソコン関連(カストマイズ及...
日本ビジネスロジスティクス(JBL)

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ