技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】ロウソクが溶ける温度は?
ロウソクの炎の温度はだいたい1500~1100℃くらいですが、ロウソク自体が溶ける温度は一体どれくらいでしょうか?
正解

正解は 「70℃」

ケーキなどに使われる洋ロウソクは70℃くらいで溶けてしまうので、熱いお湯に入れることで形を変えることができます。 また、素材が異なる和ロウソクは60℃くらいで溶けます。 したがって、溶けた蝋が体にかかると少々熱いお湯をかけられている感覚になります。

不正解

正解は 「70℃」

ケーキなどに使われる洋ロウソクは70℃くらいで溶けてしまうので、熱いお湯に入れることで形を変えることができます。 また、素材が異なる和ロウソクは60℃くらいで溶けます。 したがって、溶けた蝋が体にかかると少々熱いお湯をかけられている感覚になります。

オススメ用語解説

防湿保管庫

概要

防湿保管庫とは、防湿構造、除湿機能を備えた保管庫のこと。「ドライキャビネット」とも呼ぶ。設定湿度30%~50%の一般的なものから、工業用の1%、2%という超低湿度をサポートする機種まであり、低湿度を保つためにある程度の気密性も備える。除湿は、電気的に行うものと、乾燥剤を用いるものがあり、除湿機能に加え、冷却機能をもつタイプ、クリーン機能をもつタイプなどもある。
光学レンズや光学メディア、半導体ウェハ、電子部品など、湿気による劣化がある製品を収納し、カビの発生を防ぐ。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

弊社は光関連製品の専門商社で、最先端技術に基づいたレーザー 発振器、 電気光学部品を取扱っています。
ルミネックス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ