技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】おもちに混ぜるとやわらかさが長続きするのは?
もちを作る手順は、もち米を蒸して、杵でつき、こねる。おもちが温かい間はやわらかいのですが、冷めると硬くなってしまいますね。そこで問題。おもちにあるものを混ぜると、このやわらかさが長持ちするのですが、それは一体なんでしょうか?
正解

正解は 「砂糖」

もちやご飯が冷めるとカチカチなるのは、でんぷんが水分を取り込んでしまうことが原因です。 逆に加熱すると再び柔らかくなるのは、でんぷんから水分が染み出してくるからです。(カチカチのご飯やもちを温めると、みずみずしくなりますね)もちに砂糖をまぶすと、砂糖が水分を保持してでんぷんが水分を吸収しにくくなり、やわらかさが長持ちします。 したがって、砂糖がまぶしてある桜餅や大福などはやわらかさが長持ちしています。

不正解

正解は 「砂糖」

もちやご飯が冷めるとカチカチなるのは、でんぷんが水分を取り込んでしまうことが原因です。 逆に加熱すると再び柔らかくなるのは、でんぷんから水分が染み出してくるからです。(カチカチのご飯やもちを温めると、みずみずしくなりますね)もちに砂糖をまぶすと、砂糖が水分を保持してでんぷんが水分を吸収しにくくなり、やわらかさが長持ちします。 したがって、砂糖がまぶしてある桜餅や大福などはやわらかさが長持ちしています。

オススメ用語解説

電子インク

概要

電子インクとは、電気的な制御により書換えや消去が自在なインクのこと。通常のインクのように紙に印刷するものではなく、表示装置である電子ペーパーで使用されるインクに相当するもの、という意味合いである。電子インクと電子ペーパーは混同して呼ばれることも多い。
種類はいくつかあるが、最も実用化が進んでいるのがE Ink社が開発したマイクロカプセル型電気泳動方式である。直径が数10μmの透明なマイクロカプセルの中に、白色の酸化チタン粒子(プラスに帯電)と黒色のカーボン粒子(マイナスに帯電)をオイルで封入し、電圧のかけ方で白黒を制御する。
基本的には白地に黒い文字を表示するため、紙と同様の視認性と広い視野角をもち、低消費電力(表示中・保持中は消費電力ゼロで、書換え時のみ電力を消費する)、薄型(バックライトも偏光板も不要)などの特長がある。一方で、紙と同様に暗いところでは照明が必要であり、動画など高速な表示にも適さない。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

フリアーシステムズは半世紀以上赤外線カメラを開発、製造してきたパイオニアです。 業界では市場シェア60%以上、グローバルNO.1の赤外線サ...
フリアーシステムズジャパン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ