技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【化学】おもちに混ぜるとやわらかさが長続きするのは?

もちを作る手順は、もち米を蒸して、杵でつき、こねる。おもちが温かい間はやわらかいのですが、冷めると硬くなってしまいますね。そこで問題。おもちにあるものを混ぜると、このやわらかさが長持ちするのですが、それは一体なんでしょうか?
正解

正解は 「砂糖」

もちやご飯が冷めるとカチカチなるのは、でんぷんが水分を取り込んでしまうことが原因です。 逆に加熱すると再び柔らかくなるのは、でんぷんから水分が染み出してくるからです。(カチカチのご飯やもちを温めると、みずみずしくなりますね)もちに砂糖をまぶすと、砂糖が水分を保持してでんぷんが水分を吸収しにくくなり、やわらかさが長持ちします。 したがって、砂糖がまぶしてある桜餅や大福などはやわらかさが長持ちしています。

不正解

正解は 「砂糖」

もちやご飯が冷めるとカチカチなるのは、でんぷんが水分を取り込んでしまうことが原因です。 逆に加熱すると再び柔らかくなるのは、でんぷんから水分が染み出してくるからです。(カチカチのご飯やもちを温めると、みずみずしくなりますね)もちに砂糖をまぶすと、砂糖が水分を保持してでんぷんが水分を吸収しにくくなり、やわらかさが長持ちします。 したがって、砂糖がまぶしてある桜餅や大福などはやわらかさが長持ちしています。

オススメ用語解説

親水性

概要

親水性とは、水に対する親和性が高い性質のこと。もともとは水に溶けやすい、混ざりやすいなどを指しているが、特に物質の表面状態については、水に濡れやすいこと。
表面に付いた水が玉のような水滴にならずに、薄く広がって水の膜をつくる状態、すなわち水滴の接触角が0度に近い状態を、親水性が高いという。親水性がない(低い)表面も、コーティングや、UV光照射、プラズマ処理、コロナ放電などによる表面改質で親水性をもたせることができる。濡れ性の改善や、ウォータマーク・水垢の防止などに効果がある。
対義語は撥水性(水をはじくこと)または疎水性(水に溶けにくいこと)。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

各種ベアリングの製造や、ベアリングの加工技術を生かした研削加工で高精度と大量生産を両立させています。
小西製作所

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ