技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】野口聡一宇宙飛行士が長期滞在した宇宙ステーションの居住空間の広さは山手線でいうと?
2010年の年明けには、地上を遠く離れた国際宇宙ステーションの野口聡一宇宙飛行士からも新年の挨拶が届けられました。ところで、野口聡一宇宙飛行士が長期滞在した宇宙ステーションの居住空間の広さは、山手線車輌でいうと一体どれくらいでしょうか?
正解

正解は 「2車輌分」

2010年現在建設中の国際宇宙ステーションの居住空間の広さは約370立方メートル。 山手線などの車輌の乗車空間は1車輌あたり150立方メートルくらいなので、およそ2車輌分となります。最大乗員数は6名とはいえ、長期滞在にはやはり厳しい環境ですね。

不正解

正解は 「2車輌分」

2010年現在建設中の国際宇宙ステーションの居住空間の広さは約370立方メートル。 山手線などの車輌の乗車空間は1車輌あたり150立方メートルくらいなので、およそ2車輌分となります。最大乗員数は6名とはいえ、長期滞在にはやはり厳しい環境ですね。

オススメ用語解説

真空炉

概要

真空炉とは、チャンバ内の空気を排気し、真空状態で加熱処理を行う装置のこと。加熱時にワークが酸化しない、前工程で塗装を行っている場合には脱泡処理ができ、加熱ムラなどを防止できるなどのメリットがある。
加工物の歪みを抑止できることも特長である。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

プリンテッドエレクトロニクス工法向け技術、電子機器の開発 インクジェット技術コンサルティング ■技術 プリンテッドエレクトロニクス...
ワイ・ドライブ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ