技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】野口聡一宇宙飛行士が長期滞在した宇宙ステーションの居住空間の広さは山手線でいうと?
2010年の年明けには、地上を遠く離れた国際宇宙ステーションの野口聡一宇宙飛行士からも新年の挨拶が届けられました。ところで、野口聡一宇宙飛行士が長期滞在した宇宙ステーションの居住空間の広さは、山手線車輌でいうと一体どれくらいでしょうか?
正解

正解は 「2車輌分」

2010年現在建設中の国際宇宙ステーションの居住空間の広さは約370立方メートル。 山手線などの車輌の乗車空間は1車輌あたり150立方メートルくらいなので、およそ2車輌分となります。最大乗員数は6名とはいえ、長期滞在にはやはり厳しい環境ですね。

不正解

正解は 「2車輌分」

2010年現在建設中の国際宇宙ステーションの居住空間の広さは約370立方メートル。 山手線などの車輌の乗車空間は1車輌あたり150立方メートルくらいなので、およそ2車輌分となります。最大乗員数は6名とはいえ、長期滞在にはやはり厳しい環境ですね。

オススメ用語解説

ポリイミド

概要

ポリイミドとは、イミド結合を含む高分子素材(樹脂)の総称。工業材料としては、芳香族化合物が直接イミド結合した芳香族ポリイミドを指し、米国デュポン社が開発した。強固な分子構造と、イミド結合による強い分子間力を備え、500℃の優れた耐熱性と、機械的強度、耐薬品性を備えている。
電子回路材料の絶縁基材をはじめ、シーズヒーターの基材、コーティング剤などに用いられ、シリコン窒化物パッシベーション膜のマスクとしても応用されている。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ