技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【生物】こたつでみかん。このみかんができるために不要なことは?

冬。こたつで食べるみかんは主に『温州みかん』という品種ですが、その実ができる過程には一般的な果物と異なり、不必要な過程があります。それは一体、何でしょうか?
正解

正解は 「受粉する」

温州みかんは「単為結果性」という性質があり、受粉しなくても実がなります。もちろんその場合、種子はできません。 ちなみに、みかんの木には実がたくさんできる表年(豊作)と、実があまりできない裏年(不作)が隔年であります。これは裏年で栄養を蓄え、表年で実を多く作るというみかんの木のライフサイクルによるもので、それぞれの木や地域で異なりますが、全国的にいうと2009-2010年は表年とされているようです。

不正解

正解は 「受粉する」

温州みかんは「単為結果性」という性質があり、受粉しなくても実がなります。もちろんその場合、種子はできません。 ちなみに、みかんの木には実がたくさんできる表年(豊作)と、実があまりできない裏年(不作)が隔年であります。これは裏年で栄養を蓄え、表年で実を多く作るというみかんの木のライフサイクルによるもので、それぞれの木や地域で異なりますが、全国的にいうと2009-2010年は表年とされているようです。

オススメ用語解説

ディーゼルハイブリッド

概要

ディーゼルハイブリッドとは、自動車などで使われるディーゼルエンジンと電気モーターを組み合わせた駆動方式のこと。エンジンのトルクは回転数に比例するため低回転域では低トルクとなるが、電気モーターは逆に停止時低回転領域でのトルクが高い。これを組み合わせ、発進時には電気モーターのみ、加速時にはエンジンとモーターを併用するなどしてエネルギー消費を最適化することができる。減速時にはモーターを発電機として利用してブレーキエネルギーをバッテリーに充電でき、エネルギーのロスも少ない。
ガソリンハイブリッドに比べトルクが大きく、二酸化炭素排出量が少ないことが大きな特長。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

CAD/CAMシステム販売・サポート NCデータ最適化システム販売・サポート CADデータ変換サービス 金型製造業向各種管理システム開...
キャムクラフト

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ