技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】人類が使用するエネルギーを全てまかなえる太陽光パネルの面積は?(2010年現在)
エコ意識の高まりとともに、太陽光発電パネルが設置されたご家庭を見かけることも増えてきました。太陽の光からエネルギーを生み出すこの装置、私たちの未来にも大きく影響を与えるものとなりそうですね。そこで問題、2010年現在に存在する太陽光発電パネルをたくさん敷き詰めると、人類が使用するエネルギーの全てがまかなえてしまいます。それは一体、どの国くらいの広さでしょうか?
正解

正解は 「南アフリカくらい(日本の3倍)」

2010年現在の太陽光発電のエネルギー変換効率は10~15%、1平方メートルあたり約1Kwの発電が可能です。 これで人類全体のエネルギーをまかなおうとすれば、太陽光発電パネルを日本の3倍ほどの面積に敷き詰める必要があります。 ちなみに、日本全体のエネルギーを賄うには、四国の1/3ほどの面積が必要です。

不正解

正解は 「南アフリカくらい(日本の3倍)」

2010年現在の太陽光発電のエネルギー変換効率は10~15%、1平方メートルあたり約1Kwの発電が可能です。 これで人類全体のエネルギーをまかなおうとすれば、太陽光発電パネルを日本の3倍ほどの面積に敷き詰める必要があります。 ちなみに、日本全体のエネルギーを賄うには、四国の1/3ほどの面積が必要です。

オススメ用語解説

低温PVDコーティング

概要

低温PVDコーティングとは、ワークの加熱温度を通常よりも低い状態で処理するPVD(物理気相成長法)を用いたコーティングのこと。PVD(Physical Vapor Deposition)は、物理的な効果によりワーク表面に粒子化した金属原料の被膜を生成する手法で、通常は500℃程度にワーク母材を加熱した状態で成膜する。これに対して、200~250℃以下の低温処理でも密着性に優れたコーティングを可能にしたのが低温PVDコーティングである。
低温処理のためワーク母材の変質、変形、硬度低下などがないというメリットがあり、膜厚精度にも優れている。精密金型、切削工具などに利用されている。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

建築用ガラス事業 自動車用ガラス事業 高機能ガラス事業
日本板硝子

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ