技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】人類が使用するエネルギーを全てまかなえる太陽光パネルの面積は?(2010年現在)

エコ意識の高まりとともに、太陽光発電パネルが設置されたご家庭を見かけることも増えてきました。太陽の光からエネルギーを生み出すこの装置、私たちの未来にも大きく影響を与えるものとなりそうですね。そこで問題、2010年現在に存在する太陽光発電パネルをたくさん敷き詰めると、人類が使用するエネルギーの全てがまかなえてしまいます。それは一体、どの国くらいの広さでしょうか?
正解

正解は 「南アフリカくらい(日本の3倍)」

2010年現在の太陽光発電のエネルギー変換効率は10~15%、1平方メートルあたり約1Kwの発電が可能です。 これで人類全体のエネルギーをまかなおうとすれば、太陽光発電パネルを日本の3倍ほどの面積に敷き詰める必要があります。 ちなみに、日本全体のエネルギーを賄うには、四国の1/3ほどの面積が必要です。

不正解

正解は 「南アフリカくらい(日本の3倍)」

2010年現在の太陽光発電のエネルギー変換効率は10~15%、1平方メートルあたり約1Kwの発電が可能です。 これで人類全体のエネルギーをまかなおうとすれば、太陽光発電パネルを日本の3倍ほどの面積に敷き詰める必要があります。 ちなみに、日本全体のエネルギーを賄うには、四国の1/3ほどの面積が必要です。

オススメ用語解説

二酸化塩素発生装置

概要

二酸化塩素発生装置とは、殺菌作用がある二酸化塩素を断続的に発生させる装置のこと。発生方式は、塩酸と亜塩素酸ソーダを混合する2液タイプなどがある。製紙工程での紙の漂白などに使われてきたが、トリハロメタンなどの2次生成が指摘された塩素による水の殺菌に代わり、二酸化塩素発生装置を用いて水の殺菌や、食品・飲料容器の洗浄も行われるようになった。
新型インフルエンザ対策としても注目を浴び、低濃度ガスを発生させ、空調経路を通じてビル全体の空気を殺菌するといった応用もできる。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

20リットル程度の標準機は基より、ミニボトルから200リットル/ドラム缶を超える大容量に対応した特注機まで、密閉容器回転式の撹拌機の開発・製...
ミスギ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ