技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】人類が使用するエネルギーを全てまかなえる太陽光パネルの面積は?(2010年現在)

エコ意識の高まりとともに、太陽光発電パネルが設置されたご家庭を見かけることも増えてきました。太陽の光からエネルギーを生み出すこの装置、私たちの未来にも大きく影響を与えるものとなりそうですね。そこで問題、2010年現在に存在する太陽光発電パネルをたくさん敷き詰めると、人類が使用するエネルギーの全てがまかなえてしまいます。それは一体、どの国くらいの広さでしょうか?
正解

正解は 「南アフリカくらい(日本の3倍)」

2010年現在の太陽光発電のエネルギー変換効率は10~15%、1平方メートルあたり約1Kwの発電が可能です。 これで人類全体のエネルギーをまかなおうとすれば、太陽光発電パネルを日本の3倍ほどの面積に敷き詰める必要があります。 ちなみに、日本全体のエネルギーを賄うには、四国の1/3ほどの面積が必要です。

不正解

正解は 「南アフリカくらい(日本の3倍)」

2010年現在の太陽光発電のエネルギー変換効率は10~15%、1平方メートルあたり約1Kwの発電が可能です。 これで人類全体のエネルギーをまかなおうとすれば、太陽光発電パネルを日本の3倍ほどの面積に敷き詰める必要があります。 ちなみに、日本全体のエネルギーを賄うには、四国の1/3ほどの面積が必要です。

オススメ用語解説

光学式膜厚計

概要

光学式膜厚計とは、光を用いて非接触で薄膜の厚さを計測する膜厚計の一種。光干渉式(反射率分光法)、エリプソメータ(偏光解析法)などがあり、数10µmからnmオーダの厚さを計測できる。他の方式に比べて、膜の性質を問わない、非接触計測でダメージを与えないなどの特長があり、半導体の製造工程などで使用されている。
非接触タイプの膜厚計は他に、超音波式、磁気式などがある。

・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

○開発、板金加工、塗装、組立、OEM生産
キャビテック

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ