技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【生物】日本人に最も少ない血液型は?

エンドウ豆の実験で有名なメンデルの遺伝法則。同じ考え方で人間の血液型の遺伝も説明されていますね。日本人の場合、A:B:O:AB は4:2:3:1、と言われていますが、A型とB型にはそれぞれAAとAO、BBとBOがありますね。そこで問題。以下のうちで、最も少ないと言われているのは、どの血液型でしょうか?
正解

正解は 「BB型」

日本人の血液型に関する調査によると、日本人に最も少ないのはBB型です。 ちなみに全体に占める割合を多い順番に並べると、AO型-31%、O型-29%、BO型-19%、AB型-10%、AA型-8%、BB型-3% となり、O型の要素を持つ人は全体の79%にもなります。

不正解

正解は 「BB型」

日本人の血液型に関する調査によると、日本人に最も少ないのはBB型です。 ちなみに全体に占める割合を多い順番に並べると、AO型-31%、O型-29%、BO型-19%、AB型-10%、AA型-8%、BB型-3% となり、O型の要素を持つ人は全体の79%にもなります。

オススメ用語解説

弱酸性次亜水

概要

弱酸性次亜水とは、弱酸性に調整した次亜塩素酸ナトリウム水溶液のこと。主に、殺菌、細菌繁殖の抑制、悪臭の除去に用いる。次亜塩素酸ナトリウム自体は、食品添加物として認可されていて、殺菌力も高いが、濃度によっては塩素ガスを発生するという問題があるため、希塩酸を配合してpH値を調整し、弱酸性にすることで問題を解消している。弱酸性次亜水を直接生成するには、濃度4%程度の塩酸を電気分解する方法がある。
レジオネラ菌やインフルエンザウイルスにも有効で、ミスト状にして散布することで空間の殺菌を行う場合もある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

鉛バッテリーの再生・性能低下予防サービス
コア・ビジネス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ