技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【化学】五輪の聖火。同じ燃料なのは?

五輪の聖火。実は私たちの身の回りにあるものと同じ燃料が使われています。それは一体どれでしょうか?
正解

正解は 「カセットコンロ」

聖火の燃料はLPガス、いわゆるプロパンガスです。カセットコンロのボンベやタクシーの燃料にも使われています。 したがって火加減を調整すると、カセットコンロなどでも聖火と同じ色が見られますし、聖火リレーで使うトーチは、構造としてはカセットコンロと同じようなものになっています。

不正解

正解は 「カセットコンロ」

聖火の燃料はLPガス、いわゆるプロパンガスです。カセットコンロのボンベやタクシーの燃料にも使われています。 したがって火加減を調整すると、カセットコンロなどでも聖火と同じ色が見られますし、聖火リレーで使うトーチは、構造としてはカセットコンロと同じようなものになっています。

オススメ用語解説

光沢計

概要

光沢計とは、物体表面の光沢(光の反射によって生じるツヤ)を測定する機器のこと。光沢に対するあいまいな識別を、明確に数値化でき、客観的なデータを基にした評価管理が可能。
測定方法は、光源を照射し、得られる反射角度によって光沢度を測定する。一般に光沢度の高いものは角度を小さく、光沢度の低いものは角度を大きくとって測定する。JISでは 20°、45°、60°、75°、85°と規定される。最も広く使われている測定角は60°が多く、光沢度の高いものの計測には 20°が使われる。
JIS規格では屈折率1.567であるガラス表面において60°の入射角の場合反射率10%を光沢度100(%)、20°の入射角の場合反射率5%を光沢度100(%)としている。例えばガラスや新車の塗装は光沢度 80100で、冷蔵庫など家庭の家電製品は光沢度6080、家具はワックスをかけたものが5060、ワックス無しが520程度とされている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

・エネルギー分散型蛍光X線分析装置(各種)の開発、製造、販売、レンタル。 分野   ■環境   ■電子材料、部品   ■資源、エネル...
アワーズテック

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ