技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【生物】花粉の寿命を縮めてしまうのは?

春先に花粉症で苦しむ方も多いのではないでしょうか。花粉は受粉後に花粉管を伸ばしますが、これは花粉が生きている証拠です。花粉には寿命がありますが、以下のうち花粉の寿命を縮めてしまうものはどれでしょうか?
正解

正解は 「酸素濃度を上げる」

花粉を保存する方法は一般的に、低温・低湿・低酸素とされています。 花粉管を伸ばす発芽の際に酸素は必要となりますが、花粉自体の保存に酸素は障害となります。 また、花粉はある程度の放射線をあてても発芽します。ただ、その際の受精能力は低下してしまいます。

不正解

正解は 「酸素濃度を上げる」

花粉を保存する方法は一般的に、低温・低湿・低酸素とされています。 花粉管を伸ばす発芽の際に酸素は必要となりますが、花粉自体の保存に酸素は障害となります。 また、花粉はある程度の放射線をあてても発芽します。ただ、その際の受精能力は低下してしまいます。

オススメ用語解説

量子型赤外線センサ

概要

量子型赤外線センサとは、光エネルギーによって起こる電気現象を検知する赤外線センサの一つ。検出感度が高く、応答速度に優れ、熱型赤外線センサより1001000倍の検出能力を持つが、動作温度が低いために冷却する必要がある。主な量子型赤外線センサにはフォトダイオードやフォトトランジスタ、フォトICなどがある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

【事業案内】 ■ミネラルウォーター製造システム ■メンテナンス事業 ■水処理事業
ウォーターテクノス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ