技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】地球で200ヤードのドライバー。月の場合は?

ゴルフはもちろん地球上で行うスポーツですが、もし月面で、地球上と同じスイングができたとしたら、地球で200ヤード(183m)だったドライバーは果たしてどれくらい飛ぶでしょうか?(※月面重力は地球の1/6、空気抵抗ナシ、打出角度は同じ、転がりナシとした場合)
正解

正解は 「1,400ヤード(1,300m)」

月面は重力が1/6であるため、ボールの落下時間が単純に6倍になります。 さらに空気がない場合は、ボールのスピードの低下もありません。空気抵抗による飛距離の低下は(打出角度やボールデザインにより差はありますが)、おおむね10~20%ほどなるので、地上で200ヤード飛ぶボールは、月面では1,400ヤードほどは飛ぶことになります。 ちなみに、アポロ14号の月面着陸の際に行われたゴルフでは、宇宙服の動きづらさなどもあり、6番アイアンで200ヤードほどの飛距離だったようです。

不正解

正解は 「1,400ヤード(1,300m)」

月面は重力が1/6であるため、ボールの落下時間が単純に6倍になります。 さらに空気がない場合は、ボールのスピードの低下もありません。空気抵抗による飛距離の低下は(打出角度やボールデザインにより差はありますが)、おおむね10~20%ほどなるので、地上で200ヤード飛ぶボールは、月面では1,400ヤードほどは飛ぶことになります。 ちなみに、アポロ14号の月面着陸の際に行われたゴルフでは、宇宙服の動きづらさなどもあり、6番アイアンで200ヤードほどの飛距離だったようです。

オススメ用語解説

ZigBee(ジグビー)

概要

ZigBee(ジグビー)とは、短距離無線通信規格の一つ。安価で消費電力が少なく、ワイヤレスセンサネットワーク構築に適している。
データ転送速度は20Kbps250kbpsとBluetoothやUWBなど他の無線PAN(Personal Area Network)に劣るが、1つのネットワークに最大で65,000個のZigBee端末を接続でき、ボタン電池でおよそ1年、単三乾電池で約2年稼動できる。
使用する無線周波数帯によって異なり、2.4GHzで250Kbps、902928MHzで40Kbps、868870MHzでは20Kbps。日本国内で利用できるのは電波法の関係で2.4GHz帯のみ。900MHz帯は主に北米向け、800MHz帯は欧州向けとなっている。
ZigBeeの標準化は、2001年に設立されたZigBee Allianceが中心となって進めており、日本国内ではZigBee SIGジャパンがZigBeeの普及促進のための活動を行っている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

○安全・環境・省エネを重要な位置付けとした事業活動 ○水・空気・熱・をテーマとした開発・設計・製造・販売
サタコ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ