技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】地球で200ヤードのドライバー。月の場合は?

ゴルフはもちろん地球上で行うスポーツですが、もし月面で、地球上と同じスイングができたとしたら、地球で200ヤード(183m)だったドライバーは果たしてどれくらい飛ぶでしょうか?(※月面重力は地球の1/6、空気抵抗ナシ、打出角度は同じ、転がりナシとした場合)
正解

正解は 「1,400ヤード(1,300m)」

月面は重力が1/6であるため、ボールの落下時間が単純に6倍になります。 さらに空気がない場合は、ボールのスピードの低下もありません。空気抵抗による飛距離の低下は(打出角度やボールデザインにより差はありますが)、おおむね10~20%ほどなるので、地上で200ヤード飛ぶボールは、月面では1,400ヤードほどは飛ぶことになります。 ちなみに、アポロ14号の月面着陸の際に行われたゴルフでは、宇宙服の動きづらさなどもあり、6番アイアンで200ヤードほどの飛距離だったようです。

不正解

正解は 「1,400ヤード(1,300m)」

月面は重力が1/6であるため、ボールの落下時間が単純に6倍になります。 さらに空気がない場合は、ボールのスピードの低下もありません。空気抵抗による飛距離の低下は(打出角度やボールデザインにより差はありますが)、おおむね10~20%ほどなるので、地上で200ヤード飛ぶボールは、月面では1,400ヤードほどは飛ぶことになります。 ちなみに、アポロ14号の月面着陸の際に行われたゴルフでは、宇宙服の動きづらさなどもあり、6番アイアンで200ヤードほどの飛距離だったようです。

オススメ用語解説

FOUP(Front-Opening Unified Pod、フープ)

概要

SEMIスタンダードE47.1に規定されている、ミニエンバイロメント方式の半導体工場で使われる300mmウェーハ用の搬送、保管を目的としたキャリア。正面開口式カセット一体型搬送、保管箱。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

1948年に設立された豊田通商は、トヨタグループ唯一の商社として、1980年から90年代にかけて海外進出を強化し、自動車関連事業を主軸に成長...
豊田通商株式会社

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ