技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】テレビの3Dメガネとして使える左右の色の組み合わせは?
3Dテレビで映像を立体的に見せる方法として、一番原始的?なのは赤と青のメガネですね。これはアナグリフと呼ばれる手法ですが、赤と青という配色にもちゃんとした理由があります。そこで問題。アナグリフを使った3D映像を作るにあたって、赤と青以外でうまくいくメガネは、以下のうち一体どれでしょうか?
正解

正解は 「緑と青」

アナグリフでは、赤と青のフィルターでそれぞれの色の光を遮断することで、左右の目に異なる映像を見せています。 テレビの色彩はいわゆる光の3原色(赤・青・緑)で作られているので、アナグラフを用いて3D映像を見る場合、これらの色の光のうちのいずれかを遮断するメガネを作る必要があります。 ちなみに、Google Map のストリートビューや YouTube などの中には、アナグラフに対応したコンテンツがあります。

不正解

正解は 「緑と青」

アナグリフでは、赤と青のフィルターでそれぞれの色の光を遮断することで、左右の目に異なる映像を見せています。 テレビの色彩はいわゆる光の3原色(赤・青・緑)で作られているので、アナグラフを用いて3D映像を見る場合、これらの色の光のうちのいずれかを遮断するメガネを作る必要があります。 ちなみに、Google Map のストリートビューや YouTube などの中には、アナグラフに対応したコンテンツがあります。

オススメ用語解説

カナック処理

概要

カナック処理とは、窒素の拡散現象を用い、硬化層を形成する表面処理方法のこと。切削機の刃物から、精密小物部品、複雑形状の金型、深穴の中まで均一に処理でき、浸透処理のため寸法変化が微細、白層(窒化鉄)を生成しないなどの特長をもつ。特にSUS、ダイカストなどの非鉄金属に有効である。
さらに、拡散層を強化し、アルミダイカスト金型などの寿命低下原因となるクラック、かじりなどを改善できるニューカナック処理もある。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

時間情報事業、時間管理機器事業、パーキング事業、環境事業、エコロジー事業、クリーンシステム事業、時刻配信・認証サービス事業、アウトソーシング...
アマノ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ