技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】人類の観測史上最大の『音』は?
音はおよそ340m/sで空気中を伝わりますが、どこまで届くかは主にその音の大きさによります。ジェット機の音などは、遠く離れた場所でも聞くことができますね。さて、人類の観測史上最大の音は、一体何の音でしょうか?
正解

正解は 「火山の噴火」

人類の観測史上最大の音とされているのは、1883年のインドネシアのクラカタウ火山の大噴火です。その爆発音は4,700km先でも聞こえるほどでした(東京-タイ・バンコク間と同等)。また、火山から160km離れた地点での音量は180dB。100m先のジェット機のエンジン音(160dB)よりも大きかったという記録が残っています。

不正解

正解は 「火山の噴火」

人類の観測史上最大の音とされているのは、1883年のインドネシアのクラカタウ火山の大噴火です。その爆発音は4,700km先でも聞こえるほどでした(東京-タイ・バンコク間と同等)。また、火山から160km離れた地点での音量は180dB。100m先のジェット機のエンジン音(160dB)よりも大きかったという記録が残っています。

オススメ用語解説

産業用カメラ

概要

産業用カメラとは、セキュリティ用途の監視カメラシステムから半導体製造・各種検査装置、部品実装関連などのFA、医療やバイオなど産業用に使われているカメラ、カメラモジュールのこと。機器組込み用途としての小型軽量化はもちろんのこと、フルカラー、高精細、高フレームレートといった高品質化・高機能化が進んでいる。産業用カメラの利用はFA・工業分野が最も多く、特に半導体製造や液晶製造、チップマウンタの生産・品質管理に多く採用されている。
産業用カメラのインターフェースには、従来のアナログ方式の『アナログ12pin I/F』をはじめ、画像処理カメラ用に開発された専用の高速デジタルインターフェース『Camera Link』、PCと直結可能な高速デジタルインターフェース『IEEE1394』、画像処理カメラ用に開発された専用のイーサネットインターフェース『GigE Vision』などがある。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ