技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】DNAの化学名。何文字くらい?
生物の細胞の核内に存在するDNA。これを日本名でいうと、ご存知「デオキシリボ核酸」ですね。しかしこれを化学名という呼び方で呼ぶと、とても長い名前になります。そこで問題。DNAの化学名は、一体何文字の名前でしょうか?
正解

正解は 「200,000字」

化学名とは、化学構造式を構成元素名でそのまま呼んだものです。 DNAは膨大な元素から構成されるため、化学名は20万7000字にも及びます。ちなみに、原稿用紙でいうと518枚。論文などでは簡易的に「5'-d(AGCT)-3'」と書かれます。

不正解

正解は 「200,000字」

化学名とは、化学構造式を構成元素名でそのまま呼んだものです。 DNAは膨大な元素から構成されるため、化学名は20万7000字にも及びます。ちなみに、原稿用紙でいうと518枚。論文などでは簡易的に「5'-d(AGCT)-3'」と書かれます。

オススメ用語解説

GHS

概要

GHS(Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals、化学品の分類および表示に関する世界調和システム)とは、化学品を危険有害性の種類と程度で分類し、一目で分かるようなラベル表示や安全データシートを提供するシステムのこと。
危険有害性には爆発性、引火性、急性毒性、発がん性、水生環境有害性などがあり、それぞれにドクロマークや炎、ガスボンベなどのシンボルマークと、「危険」「警告」などの表示が義務付けられている。そのほか危険有害性の情報や応急処置、廃棄方法などの注意書きも付けられる。
2003年に国連が勧告し、2008年中(アジア太平洋諸国は2006年中)を目標に世界的に導入が進んでいる。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ