技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】トライアングル低音を出すために叩く場所は?
学芸会の合奏における余りもののパートの1つ、トライアングル。誰が叩いても一緒…と思っていませんか?材質や大きさ、3つの角度、また叩く棒(ビーター)によっても音が変わりますが、もちろん叩く場所によっても音が変わります。そこで問題。トライアングルで「低音」を出すには、どこを叩けば良いでしょうか?
正解

正解は 「隙間が開いている角の近く」

トライアングルを叩いた際には様々な音が発生しますが、隙間の近くを叩くと低音の割合が増え、また角に近い部分を叩くとより硬い感じの音になります。これは叩く位置によってそれぞれの音の倍音(周波数が何倍かになった音)の発生割合が変わるために起こる現象です。 ちなみにトライアングルの隙間をつなげると、振動が打ち消しあって音が響かなくなります。

不正解

正解は 「隙間が開いている角の近く」

トライアングルを叩いた際には様々な音が発生しますが、隙間の近くを叩くと低音の割合が増え、また角に近い部分を叩くとより硬い感じの音になります。これは叩く位置によってそれぞれの音の倍音(周波数が何倍かになった音)の発生割合が変わるために起こる現象です。 ちなみにトライアングルの隙間をつなげると、振動が打ち消しあって音が響かなくなります。

オススメ用語解説

炭化水素系洗浄剤

概要

パラフィン、ノルマルパラフィンなどの炭化水素を使用した洗浄剤のこと。脱脂力に優れており、塩素系洗浄剤の代替品として使用されている。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

化学品事業
旭硝子

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ