技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】Wi-Fiでの通信障害が起こる可能性があるのは?

モバイル機器などで通信にWi-Fiを使用する場合、あるものの近くで使うと通信障害が起こる可能性があります。それは一体、何の近くでしょうか?
正解

正解は 「電子レンジ(作動中)」

Wi-Fiで使われる2.4GHz帯は、ISMバンド帯(産業科学医療用バンド帯)と呼ばれ、無線LANのほか、アマチュア無線やラジコン、VICS(道路交通情報通信システム)、電子レンジなど身の回りの様々な通信機器で使われています。 したがって電子レンジを使用中にその近くでWi-Fi通信を行うと、電波が干渉して通信障害が発生します。 ちなみに、Bluetoothやコードレス電話の子機などでも同じ周波数が使われますが、こちらはあまり電波が強くないので、通信障害はあまり起こりません。

不正解

正解は 「電子レンジ(作動中)」

Wi-Fiで使われる2.4GHz帯は、ISMバンド帯(産業科学医療用バンド帯)と呼ばれ、無線LANのほか、アマチュア無線やラジコン、VICS(道路交通情報通信システム)、電子レンジなど身の回りの様々な通信機器で使われています。 したがって電子レンジを使用中にその近くでWi-Fi通信を行うと、電波が干渉して通信障害が発生します。 ちなみに、Bluetoothやコードレス電話の子機などでも同じ周波数が使われますが、こちらはあまり電波が強くないので、通信障害はあまり起こりません。

オススメ用語解説

データ消去サービス

概要

データ消去サービスとは、廃棄したりリサイクル業者に出したりするパソコンなどの記憶装置から、データを完全に消去するサービスのこと。これは、単なるファイルの削除やフォーマットでは実際のデータが残っていて、データ復旧ソフトで容易に復元できてしまうためで、企業情報や個人情報などの情報漏洩を防ぎ、セキュリティを保持するために行う。
記憶メディアにダメージを与えないのでリユースが可能な上書きデータ消去方式と、記憶メディアを完全に物理的に破壊する方式、強力な磁場により磁気記憶装置のデータを磁気的に破壊する方式、の3つがある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

○合成樹脂塗床工事 ○防食ライニング工事 ○ウレタン・FRP防水工事 ○下地処理工事 ○超即硬化スプレー工事
愛知レジン/レッドコーティングス株式会社

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ