技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】Wi-Fiでの通信障害が起こる可能性があるのは?

モバイル機器などで通信にWi-Fiを使用する場合、あるものの近くで使うと通信障害が起こる可能性があります。それは一体、何の近くでしょうか?
正解

正解は 「電子レンジ(作動中)」

Wi-Fiで使われる2.4GHz帯は、ISMバンド帯(産業科学医療用バンド帯)と呼ばれ、無線LANのほか、アマチュア無線やラジコン、VICS(道路交通情報通信システム)、電子レンジなど身の回りの様々な通信機器で使われています。 したがって電子レンジを使用中にその近くでWi-Fi通信を行うと、電波が干渉して通信障害が発生します。 ちなみに、Bluetoothやコードレス電話の子機などでも同じ周波数が使われますが、こちらはあまり電波が強くないので、通信障害はあまり起こりません。

不正解

正解は 「電子レンジ(作動中)」

Wi-Fiで使われる2.4GHz帯は、ISMバンド帯(産業科学医療用バンド帯)と呼ばれ、無線LANのほか、アマチュア無線やラジコン、VICS(道路交通情報通信システム)、電子レンジなど身の回りの様々な通信機器で使われています。 したがって電子レンジを使用中にその近くでWi-Fi通信を行うと、電波が干渉して通信障害が発生します。 ちなみに、Bluetoothやコードレス電話の子機などでも同じ周波数が使われますが、こちらはあまり電波が強くないので、通信障害はあまり起こりません。

オススメ用語解説

凍結粉砕

概要

凍結粉砕とは、液体窒素(-196℃)などを利用して原料を瞬間的に凍結し、脆化あるいは固化した物質を超低温、無酸素の条件下で粉砕する手法のこと。常温で粉砕するよりも流動性がよく微粉砕ができる。また酸化、発熱による変質がないことから粉末のコーヒーや緑茶や食品、香辛料などの粉砕においても、その味や香りが損なわれない。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

《ファインリンクスのLEDテープライト》 間接照明としてはもちろん、機械や装置の組み込み照明、研究機関や画像検査機、 誰もが知っている大...
ファインリンクス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ