技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【生物】人間の目の下の皮の厚さは?

目の下の“クマ”。これは酸素不足になって黒っぽくなった血流が、目の下の薄い皮から透けて見える現象です。そこで問題。目の下の皮の厚さは一般的にどのくらいでしょうか?
正解

正解は 「たまごの薄皮くらい」

目の下の皮の厚さは0.6mmくらいで、卵の薄皮ほどの厚さです。 ものにもよりますが、コピー用紙は0.08mm、調理などで使うアルミホイルは0.03mmくらいです。 ちなみに、肌の色が黒い黒人でもクマはでき、またそれがわかるようです。

不正解

正解は 「たまごの薄皮くらい」

目の下の皮の厚さは0.6mmくらいで、卵の薄皮ほどの厚さです。 ものにもよりますが、コピー用紙は0.08mm、調理などで使うアルミホイルは0.03mmくらいです。 ちなみに、肌の色が黒い黒人でもクマはでき、またそれがわかるようです。

オススメ用語解説

発色ステンレス材

概要

発色ステンレス材とは、発色処理を施したカラーステンレス材のこと。塗料によるカラーリングではなく、酸化反応、電解反応などによりステンレス材の表面を発色させたもので、四酸化鉄被膜の黒染が代表例である。酸化反応では、酸化被膜の厚さを変えて光の干渉を調整することで多様なカラー発色が得られる。耐食性、耐候性を向上し、寸法変化がないことから摺動部分などに使用される。他に、金属の質感が失われない、金属光沢を保つなどの特性から、意匠にこだわる外装にも使用する。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

パワートランスミッション、マテリアルハンドリング 製品販売
マキシンコー

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ