技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】金属バットの「カキーン」を抑える消音バットの仕掛け。その細工はどこに?
高校野球では金属バットが使われますが、最近は「カキーン」という音がしなくなっています。これは消音のバットが採用されているからなんですが…。ここで問題。バットの「カキーン」を消す工夫は、バットのどこに施されているでしょうか?
正解

正解は 「先端」

金属バットの先端にはプラスチックの樹脂が取り付けられ、これにより音を小さくしています。シンバルの音を手で押さえて消す原理と同じです。金属バットの『カキーン』音を消す消音バットは、球児や審判が難聴になるおそれがあったり、近所迷惑になるという理由で1991年ごろ導入されました。 現在使用されるバットの素材はアルミ、ジュラルミン、カーボンなど様々ですが、『カキーン』音が大きいほど、アルミの割合が多い傾向があります。

不正解

正解は 「先端」

金属バットの先端にはプラスチックの樹脂が取り付けられ、これにより音を小さくしています。シンバルの音を手で押さえて消す原理と同じです。金属バットの『カキーン』音を消す消音バットは、球児や審判が難聴になるおそれがあったり、近所迷惑になるという理由で1991年ごろ導入されました。 現在使用されるバットの素材はアルミ、ジュラルミン、カーボンなど様々ですが、『カキーン』音が大きいほど、アルミの割合が多い傾向があります。

オススメ用語解説

輝度箱

概要

輝度箱とは、輝度がきわめて安定した検査・校正用の面光源装置のこと。輝度の変動や輝度面(100×100mmなど)内のムラを抑えたもので、光源は白色のハロゲンランプ、キセノンランプなど、色温度はA光源、B光源などがある。CCD/CMOSイメージセンサや、デジタルカメラ、輝度計などの検査・校正に使用する。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■セラミックス ■グラスファイバー等 ■工業用素材原料の製造販売
キンセイマテック

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ