技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】金属バットの「カキーン」を抑える消音バットの仕掛け。その細工はどこに?
高校野球では金属バットが使われますが、最近は「カキーン」という音がしなくなっています。これは消音のバットが採用されているからなんですが…。ここで問題。バットの「カキーン」を消す工夫は、バットのどこに施されているでしょうか?
正解

正解は 「先端」

金属バットの先端にはプラスチックの樹脂が取り付けられ、これにより音を小さくしています。シンバルの音を手で押さえて消す原理と同じです。金属バットの『カキーン』音を消す消音バットは、球児や審判が難聴になるおそれがあったり、近所迷惑になるという理由で1991年ごろ導入されました。 現在使用されるバットの素材はアルミ、ジュラルミン、カーボンなど様々ですが、『カキーン』音が大きいほど、アルミの割合が多い傾向があります。

不正解

正解は 「先端」

金属バットの先端にはプラスチックの樹脂が取り付けられ、これにより音を小さくしています。シンバルの音を手で押さえて消す原理と同じです。金属バットの『カキーン』音を消す消音バットは、球児や審判が難聴になるおそれがあったり、近所迷惑になるという理由で1991年ごろ導入されました。 現在使用されるバットの素材はアルミ、ジュラルミン、カーボンなど様々ですが、『カキーン』音が大きいほど、アルミの割合が多い傾向があります。

オススメ用語解説

ロータリキルン

概要

ロータリキルンとは、筒状の容器を回転させながら加熱する形式の炉のこと。「キルン」とは窯のことで、ロータリ=回転と合せて直訳した「回転窯」とも呼ばれる。炉を回転させながら原料を投入するため、攪拌により効率よく焼成が行われる。直接加熱式と外部加熱式があり、基本的には炉に傾斜をつけて連続投入・排出するが、真空雰囲気での焼成が可能なバッチ式もある。
元来はセメント製造の工法だったが、近年はゴミの焼却などにも用いられている。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

<水処理装置・環境機器の提案・販売> ●純水装置、超純水装置 ●ろ過装置、軟化装置 ●排水設備、リサイクル設備 ●ボイラー、冷却塔 ...
オスモ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ