技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】金属バットの「カキーン」を抑える消音バットの仕掛け。その細工はどこに?
高校野球では金属バットが使われますが、最近は「カキーン」という音がしなくなっています。これは消音のバットが採用されているからなんですが…。ここで問題。バットの「カキーン」を消す工夫は、バットのどこに施されているでしょうか?
正解

正解は 「先端」

金属バットの先端にはプラスチックの樹脂が取り付けられ、これにより音を小さくしています。シンバルの音を手で押さえて消す原理と同じです。金属バットの『カキーン』音を消す消音バットは、球児や審判が難聴になるおそれがあったり、近所迷惑になるという理由で1991年ごろ導入されました。 現在使用されるバットの素材はアルミ、ジュラルミン、カーボンなど様々ですが、『カキーン』音が大きいほど、アルミの割合が多い傾向があります。

不正解

正解は 「先端」

金属バットの先端にはプラスチックの樹脂が取り付けられ、これにより音を小さくしています。シンバルの音を手で押さえて消す原理と同じです。金属バットの『カキーン』音を消す消音バットは、球児や審判が難聴になるおそれがあったり、近所迷惑になるという理由で1991年ごろ導入されました。 現在使用されるバットの素材はアルミ、ジュラルミン、カーボンなど様々ですが、『カキーン』音が大きいほど、アルミの割合が多い傾向があります。

オススメ用語解説

アクチュエータ

概要

アクチュエータとは電気・油圧・空圧などのエネルギーを、回転運動・直進運動などのシンプルな機械的動きに変換する為の機械的要素のことをいう。アクチュエータ:actuator。エアシリンダ、油圧シリンダ、単軸ロボット、など種類は様々。部品の搬送、組付け、位置決めなど多くの工程で採用されている。組立産業の発展はアクチュエータの用途開発により実現されたと言っても過言ではない。

・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■炭素製品の製造および販売
日本カーボン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ