技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】飼育される牛の第三胃に入っているものとは?
牛に4つの胃があることはよく知られています。焼肉用語で言うと第一胃から、ミノ・ハチノス・センマイ・ギアラです。さて、牧場などで飼育される牛の第三胃には、実はあるものが入れられています。それは一体、何でしょう?
正解

正解は 「磁石」

牛は草を食べるときに誤ってクギ、針金などを一緒に食べてしまうことがあります。これらは牛の胃を傷つけてしまうので、大人の指くらいの強力なアル二コ磁石が、前もって投入されています。第三胃に投入されるのは、食物が流動状態になり、また口に近いことがその理由です。ちなみに牧草地の牛は、食事・休憩・睡眠のときに南北方向を向いている割合が高いという一部研究結果があります。

不正解

正解は 「磁石」

牛は草を食べるときに誤ってクギ、針金などを一緒に食べてしまうことがあります。これらは牛の胃を傷つけてしまうので、大人の指くらいの強力なアル二コ磁石が、前もって投入されています。第三胃に投入されるのは、食物が流動状態になり、また口に近いことがその理由です。ちなみに牧草地の牛は、食事・休憩・睡眠のときに南北方向を向いている割合が高いという一部研究結果があります。

オススメ用語解説

超音波アトマイザ

概要

超音波アトマイザとは、超音波により液体表面を振動させ、微細な粒子を発生させる噴霧装置のこと。超音波噴霧器、超音波スプレーノズルとも呼ぶ。液体への加圧や攪拌がなく、均一な粒径のミストが得られる、幅広い発生量に対応する、飛散や跳返りを抑えた噴霧ができる、などの特長をもつ。
加湿のほか、半導体ウェハ、セラミック基板などへの現像液の塗布にも使用される。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ