技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】世界最大の電波望遠鏡の口径はどのくらい?

天体望遠鏡の中でも、可視光ではなく電波を使って宇宙を見るのが電波望遠鏡です。微弱な電波をキャッチするアンテナが特徴的ですが、このアンテナの口径が大きいほど性能は高くなります。そこで問題。電波望遠鏡のアンテナの口径として、過去最大のものは以下のどれでしょうか?
正解

正解は 「地球の直径の3倍くらい」

地球直径の3倍という口径は、もちろん単独のアンテナということではなく、日本の宇宙科学研究所の天体観測計画の一つ「VSOP計画」の中で、電波望遠鏡を搭載した人工衛星「はるか」と12カ国・30基以上の電波望遠鏡が協力して観測を行った際の換算口径です。ちなみに「はるか」は1997年2月の運用開始から2005年11月で運用を終了。現在は「VSOP-2計画」という新計画の中で、新しい衛星「ASTRO-G」の準備が進められています。

不正解

正解は 「地球の直径の3倍くらい」

地球直径の3倍という口径は、もちろん単独のアンテナということではなく、日本の宇宙科学研究所の天体観測計画の一つ「VSOP計画」の中で、電波望遠鏡を搭載した人工衛星「はるか」と12カ国・30基以上の電波望遠鏡が協力して観測を行った際の換算口径です。ちなみに「はるか」は1997年2月の運用開始から2005年11月で運用を終了。現在は「VSOP-2計画」という新計画の中で、新しい衛星「ASTRO-G」の準備が進められています。

オススメ用語解説

ZigBee(ジグビー)

概要

ZigBee(ジグビー)とは、短距離無線通信規格の一つ。安価で消費電力が少なく、ワイヤレスセンサネットワーク構築に適している。
データ転送速度は20Kbps250kbpsとBluetoothやUWBなど他の無線PAN(Personal Area Network)に劣るが、1つのネットワークに最大で65,000個のZigBee端末を接続でき、ボタン電池でおよそ1年、単三乾電池で約2年稼動できる。
使用する無線周波数帯によって異なり、2.4GHzで250Kbps、902928MHzで40Kbps、868870MHzでは20Kbps。日本国内で利用できるのは電波法の関係で2.4GHz帯のみ。900MHz帯は主に北米向け、800MHz帯は欧州向けとなっている。
ZigBeeの標準化は、2001年に設立されたZigBee Allianceが中心となって進めており、日本国内ではZigBee SIGジャパンがZigBeeの普及促進のための活動を行っている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

【包装設計の受託】 環境配慮の包装設計、トータルコスト低減の企画提案、印版・木型の手配 【当社の包装設計に基づく包装資材の販売】 ...
エ・ル・デザイン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ