技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】かつて天然に存在していた、現代でいうところのハイテク設備は?
核反応から取り出されるエネルギーは膨大なもの。発電での活用や、最先端の研究施設などでは、科学のすいを結集した高度な設備が使われています。では、以下のうち、地球上で天然にその存在が確認されたものは一体どれでしょうか?
正解

正解は 「原子炉」

中部アフリカのガボン共和国にある20億年前のウラン鉱床が、過去に天然原子炉として機能したことが知られています。ウラン鉱脈が地下水に囲まれ、核分裂の連鎖反応が起こった際は水が沸騰することで反応を抑制、メルトダウン(核分裂の暴走)を防いでいました。核分裂反応は数十万年間続きましたが、現在は連鎖反応に必要な量のウランは崩壊してしまったため、天然の原子炉の活動は止まっています。

不正解

正解は 「原子炉」

中部アフリカのガボン共和国にある20億年前のウラン鉱床が、過去に天然原子炉として機能したことが知られています。ウラン鉱脈が地下水に囲まれ、核分裂の連鎖反応が起こった際は水が沸騰することで反応を抑制、メルトダウン(核分裂の暴走)を防いでいました。核分裂反応は数十万年間続きましたが、現在は連鎖反応に必要な量のウランは崩壊してしまったため、天然の原子炉の活動は止まっています。

オススメ用語解説

キャリアテープ

概要

キャリアテープとは、半導体などのチップ部品や電子部品を、1つ1つバラの状態で保管・移動・搬送するためのテープ状のツールのこと。小型化が進んでハンドリングしにくくなった部品を効率的に取扱うことができ、基板へチップ部品を実装する際に、実装機に部品を供給する方法として用いられている。
紙製の紙キャリアテープと、樹脂製(材質はPS、A-PET、PCなど)のエンボスキャリアテープがある。空のキャリアテープに部品を搭載するのがテーピング装置である。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ