技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】最もツノの数が多い動物は?
サンタクロースのそりを引くトナカイ。大きなツノがトレードマークですね。さて、色々な動物がツノを持っていますが、以下のうち最もツノの数が多いのは、どれでしょう か?
正解

正解は 「キリン」

キリンのツノは2~5本あります。ぱっと見てわかる頭の上の2本に加え、その後ろに小さなツノが2本、そして目の間にも1本あります。ツノの種類は様々で、キリンのツノは骨に皮膚がかぶったもの、トナカイのツノは骨のようなもの、サイのツノは角質(毛)がたくさん集まったものです。

不正解

正解は 「キリン」

キリンのツノは2~5本あります。ぱっと見てわかる頭の上の2本に加え、その後ろに小さなツノが2本、そして目の間にも1本あります。ツノの種類は様々で、キリンのツノは骨に皮膚がかぶったもの、トナカイのツノは骨のようなもの、サイのツノは角質(毛)がたくさん集まったものです。

オススメ用語解説

コンデンサ

概要

コンデンサとは、電気エネルギ(電荷)を蓄える性質をもつ素子。直流には電荷を貯める動きを、交流には周波数によって変化する抵抗として機能する。単位は、電荷を貯められる能力「F(ファラド)」で表す。英語圏では「キャパシタ(Capacitor)」と呼ばれる。

高周波で使われる「セラミックコンデンサ」をはじめ、低周波回路で用いる「フィルムコンデンサ」、容量の調節ができる「可変コンデンサ」などの種類がある。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ