技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】最もツノの数が多い動物は?
サンタクロースのそりを引くトナカイ。大きなツノがトレードマークですね。さて、色々な動物がツノを持っていますが、以下のうち最もツノの数が多いのは、どれでしょう か?
正解

正解は 「キリン」

キリンのツノは2~5本あります。ぱっと見てわかる頭の上の2本に加え、その後ろに小さなツノが2本、そして目の間にも1本あります。ツノの種類は様々で、キリンのツノは骨に皮膚がかぶったもの、トナカイのツノは骨のようなもの、サイのツノは角質(毛)がたくさん集まったものです。

不正解

正解は 「キリン」

キリンのツノは2~5本あります。ぱっと見てわかる頭の上の2本に加え、その後ろに小さなツノが2本、そして目の間にも1本あります。ツノの種類は様々で、キリンのツノは骨に皮膚がかぶったもの、トナカイのツノは骨のようなもの、サイのツノは角質(毛)がたくさん集まったものです。

オススメ用語解説

ウェブ搬送

概要

ウェブ搬送とは、フィルム、箔といったロール状に巻き取った膜状の製品(ウェブ)を搬送し保管する技術のことを指す。ロール状のフィルムを繰出し、印刷またはコーティングなど加工を施した後に再びロール状に巻き取る。ウェブハンドリングとも言う。
紙やフィルム、鋼材等の産業だけでなく、フレキシブル回路やフラットパネル、太陽電池など最先端技術分野でもシート基材からroll-to-roll基材へと移行傾向にあり重要性が増している
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ