技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】無重力空間でろうそくを燃やすには?

無重力空間では、地球とは全く違った現象が観測されます。ろうそくの火もその一つ。 無重力空間では空気の対流が起こりにくいため、酸素の供給が追いつかず、炎がすぐ消えてしまいます。そこで問題。ろうそくの炎をより長く燃やし続けるには、どうしたらよいでしょうか?
正解

正解は 「磁石を近づける」

無重力空間ではガスの対流が起こりにくく、酸素が供給されません。しかし磁石を炎の近くにおくと常磁性の酸素は磁石に引き寄せられ、また燃焼したガスは磁石に反発するため対流のような状態をつくることができ、炎は燃え続けられます。ちなみに、磁石を置かない無重力空間では、ろうそくの炎は丸く、青くなります。

不正解

正解は 「磁石を近づける」

無重力空間ではガスの対流が起こりにくく、酸素が供給されません。しかし磁石を炎の近くにおくと常磁性の酸素は磁石に引き寄せられ、また燃焼したガスは磁石に反発するため対流のような状態をつくることができ、炎は燃え続けられます。ちなみに、磁石を置かない無重力空間では、ろうそくの炎は丸く、青くなります。

オススメ用語解説

プラズマ発生装置

概要

プラズマ発生装置とは、主に産業利用を目的としてプラズマを発生させる装置の総称である。プラズマはその反応性や発光性、高温性から半導体プロセスや殺菌、脱臭、核融合など様々な用途に用いられている。プラズマは要求されるプラズマの気圧や密度、純度によって発生方法が異なる。具体的には、放電周波数や電界の印加方法、外部磁界の印加方法、気圧などがあり、これらの観点からプラズマ発生装置の構造も異なる。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

(1) 硬度計、自動硬度試験システム、材料試験機、形状測定器、試料作成装置、その他 精密機器および関連機器・部品の製造、販売、輸出入業務 ...
フューチュアテック

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ