技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【生物】アサガオは分類学上何科?

観察日記の代表格といえば、『アサガオ』。様々に品種改良され愛好家も多いアサガオですが、分類学上は「アサガオ科」ではありません。さて、一体何科でしょうか?
正解

正解は 「ヒルガオ科」

アサガオやヨルガオは、ナス目ヒルガオ科サツマイモ属に属します。アサガオは江戸時代から品種改良が盛んですが、幻のアサガオと言われるものがあります。それが「黄色」と「黒」のアサガオ。アサガオ市でも、なかなか見つからない(はず)です。ちなみにユウガオは、スミレ目ウリ科ユウガオ属。見た目も全く違います。

不正解

正解は 「ヒルガオ科」

アサガオやヨルガオは、ナス目ヒルガオ科サツマイモ属に属します。アサガオは江戸時代から品種改良が盛んですが、幻のアサガオと言われるものがあります。それが「黄色」と「黒」のアサガオ。アサガオ市でも、なかなか見つからない(はず)です。ちなみにユウガオは、スミレ目ウリ科ユウガオ属。見た目も全く違います。

オススメ用語解説

マーキング装置

概要

マーキング装置とは、工業製品に文字や記号、ロゴマークなどを刻印する機械や装置のことで、刻印機とも呼ばれる。マーキング装置の種類には、レーザビームの熱で刻印する“レーザマーカー”、インクで印字する“インクジェットプリンタ”、製品に直接文字を刻む刻印などがある。

マーキングされる情報には2種類あり、ひとつが賞味期限やロット番号、シリアル番号など製品やロットごとに変更する必要がある印字内容である。これらは製造工程内で製品に直接印字することが多いため“ダイレクトマーキング”と呼ばれる。一方で商品名やモデル名、メーカー名など、変更の必要がなく、製品容器やパッケージ等にあらかじめ刻印されるものを“ソースマーキング”と言う。

・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

半導体部品検査用及びPCB検査用のスプリングピン コンタクトプローブを主に製造・販売 検査工程で問題となるクリーニング作業に大活躍のナ...
喜多製作所

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ